上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、2日目は下呂温泉に泊まることにしました。

このインパクトあるネーミングの街。
子どもが聞いても絶対に忘れないですよね。

「下呂があるなら、上呂もあるかなー」と夫が言ったところ、
車で走っていて、本当にあるのを見つけました。

「上呂と下呂があるなら、中呂もあるかなー」と言っていたら
またまたありました。

下上呂とかもあったので、びっくり。
とても勉強になりました。

さて、めずらしくこんな旅館に泊まりました。
プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で【総合第5位】の老舗旅館
はい、とても大きい高級旅館でした。

でも、決め手は
「添加物を一切使わず、丁寧につくり上げただしを使って
調理しておりますので安心してお召し上がりいただけます」
という一文でした。

とか言いつつ、キリンビールを飲む。
(大手のビールには添加物が入っています)

IMG_8027.jpg

飲み物までこだわってくれたら最高ですが
そういう宿はないですね。

お食事は本当にお味もよく、大満足でした。

IMG_8028.jpg

IMG_8030.jpg

IMG_8032.jpg

IMG_8036.jpg

IMG_8037.jpg

また鮎が食べられて嬉しい。

IMG_8039.jpg

IMG_8041.jpg

日本酒もできるだけいいものを所望したいところですが
大抵、醸造アルコールが添加されています。
このにごり酒もご多分にもれず、入っていました。

でも、おいちい♪
今日のところは許そう。

IMG_8044.jpg

IMG_8049.jpg

余は満足じゃの図。
本当は寝ていません。

少ししてから、館内の喫茶店に出向きました。

エレベーターホールにて。

IMG_8050.jpg

オーガニックコーヒーと
オーガニックハーブティーがあったので
迷わず注文しました。

IMG_8054.jpg

IMG_8055.jpg

そして、鶏(けい)ちゃんまんという肉まんを頼みました。

IMG_8057.jpg

IMG_8058.jpg

「鶏ちゃん」は下呂の郷土料理で
鶏肉とキャベツなどを炒めて味噌等で味付けしたもの。

外には食べに行けなかったので
鶏ちゃんまんを食べてみました。

IMG_8059.jpg

うーん。これは今ひとつですな。
残念。

外に大きな池があり、カモがいたので出てみました。

IMG_8061.jpg

カモを見て、夫が言いました。

「僕はカモが好きなんだ。
見るのも食べるのも。」

おかしかったので、あとで言ってみたら
本人は覚えていませんでした。
酔っ払っていたのかな?


さて、3日目の朝です。
雨がかなり強く降り続いていました。

部屋からの景色はこんな眺めです。

IMG_8062.jpg

お風呂は3つあったので
全部のお風呂に入りました。計4回。
気持ちよかったー。

そうそう、和風旅館のいいところは
浴衣で歩き回れるという事ですね。

浴衣は最高です。
素っ裸の上にまとうのがポイントです。
お風呂にも入りやすい。
小さいタオル1本持って行けばいいので楽ちん。

さて、雨だけどしょうがない、出かけようと思って出たら
雨がやんで、お日様が顔を出しました。

最終日は高山を見て回ります。
この日は普通にたどり着けました。よかった。

すっごくいいお天気!
嬉しい。日に焼けたけど。

着いたらすぐにおだんご屋さんを発見。

IMG_8076.jpg

みだらしだんごがおいしくてファンになりました。

とらふぐがいた!
かわいいのに、食べちゃったよぅ。

IMG_8082.jpg

素敵な町並みです。
雑貨屋さんがたくさん並んでいて
ひとつずつ入ってみました。

IMG_8094.jpg

IMG_8095.jpg

IMG_8097.jpg

IMG_8099.jpg

IMG_8108.jpg

IMG_8109.jpg

IMG_8105.jpg

無料のパンフレットがいくつもあって
どれにしようかなと思っていたら
言葉で分かれていました。
中国語、英語、ハングル語、ドイツ語、
タイ語、フランス語、イタリア語、ヘブライ語、スペイン語。
私が読めるのは1つしかなかったー。


今朝までの大雨で、川がすごい状態に。

IMG_8121.jpg

高山昭和館というところで
昭和を体感してみました。

IMG_8126.jpg

IMG_8127.jpg

IMG_8129.jpg

IMG_8131.jpg

IMG_8132.jpg

リカちゃんのテーブルやタンス。
欲しくても買ってもらえなかったな。

IMG_8133.jpg

こんなバッグを使っていましたよ、確かに。

最後に、飛騨牛のステーキとすき焼きを食べました。

IMG_8138.jpg

IMG_8137.jpg

食べた後、口のまわりがヒリヒリしました。
すき焼きの割り下のせいかな。

途中で、飛騨牛の肉まんや麩まんじゅうなども
食べました。

この旅行は、宿で食べたものがいいものだったので
添加物の負担は少なくて済みました。

が、しかし。
肉や魚などの動物性のものがかなり入ったので
そちらの負担は大きいです。

一気に体が重くなりました。
朝食も食べたし。

今日と明日は1日1食です。

そうそう、ねらいをつけていた郷土料理の結果です。

鮎の塩焼き→食べた
とらふぐ→産地は違ったけど食べた
朴葉味噌→食べた
飛騨牛→食べた
みだらし団子→食べた
けいちゃん→肉まんで食べた

残ったのはこの3つです。
こも豆腐
明宝ハム
しょうけめし

こも豆腐はお店で見つけたのですが
消泡剤を使っていたので×、
ハムは、保存料・着色料・酸化防止剤、増量剤は不使用でしたが
微量の亜硝酸Naとリン酸塩を使っていること、
また、アミノ酸等いわゆる化学調味料を使っているので
買うのをやめました。残念。

しょうけめしには全然出会わなかったなと思って
帰ってから調べてみました。

すると、釜飯、炊き込みご飯のことだということが分かりました。
醤油、ごぼう、人参、他、雑多な野菜をいっしょに入れて炊いたもの
ああ、それなら1日目の旅館で頂きました。

これです。

IMG_7932.jpg

IMG_7931.jpg

ちょっぴり牛肉も入っていておいしいごはんでした。

やったー。
これで飛騨、高山、下呂の
ほとんどの郷土料理を制覇しました。

本当においしい旅行でした。

お天気も雨に降られましたが
ザーザー降りのときはいつも
車の中か旅館の中でしたので
ほんとにラッキーでした。

最終日は見事な晴天でしたよ。


帰りの高速道パーキングで
諏訪湖を見ました。

IMG_8151.jpg


なんでも初めて見るものは面白いですね。

似たような感性を持つ夫と
一緒に行く旅行はとてもおもしろいです。
全然飽きません。
気を遣わないので楽しいです。

また行きたいなあ~と、今から思っています。

でも、料理教室がもちろん優先です。
クラスがいっぱいになってしまったら
今のように連続して空いている日は
とれないだろうと懸念して
今のうちに旅行に行ってきました。

お金があるから行く、のではないです。
時間があるから行く。

両方ともそこそこあるのが一番いいけれど
大抵どちらかだと思うので、
行けるときは行こうの精神で
日本全国行ってみたいなと思っています。


先日のクラスのご感想を頂いておりまして
今日は旅行の話でいっぱいになってしまいましたので
明日のブログにてご紹介させて頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
皆さま、こんにちは。
2泊3日の飛騨高山旅行から帰ってきました。

ほんっとに急に決めた旅行。
しかも、飛騨高山の予備知識がなーんもない。
という状態のところから
調べて旅館をとった次第です。(前日に予約)

それにしては、とても楽しく思い出深いいい旅行になりました。
最高の3日間でしたー!



まず1日目。
大宮から飛騨まで車で約5時間かかります。
途中でお昼ご飯の時間になってしまうので
前回の山梨旅行で熊肉を食べたお店に寄ることにしました。

そしたらなんと!
ないと思って諦めていた川魚のイクラ丼がありました。

IMG_7846.jpg

川魚といっても、鮭ではなくニジマスなどの卵のようです。

IMG_7851.jpg

イクラより小さくて、味はさっぱりめです。
う~ん、おいしい!
量もたくさんあって大満足です。
人造イクラとは大違い(あたりまえ)

こちらは、ニジマスの刺身定食。

IMG_7853.jpg

夫は焼いたニジマスが大好物でしたが
生の刺身もおいしいです。

IMG_7855.jpg

口に稲穂が刺さっていて、
普段ベジの私たちには何とも言えない光景。

でも、これから3日間は
動物性のものばかりです。
ここで洗礼を受けたと思って楽しみます。


さて、長野と岐阜を結ぶ道路は
有料道路でたった5分で通り抜けることができます。
が、そうでない道もあると知り、
くねくね山道をうだうだ進むことにしました。

そこで撮ったナビの写真です。

IMG_7859.jpg

腸管のようにくねくねしているのが分かると思います。
カーブに番号がついていて15号カーブまでありました。

こっちのがおもしろいと夫が楽しんで運転している傍らで
くねくね揺れながらも眠い私。いや、寝ませんでしたけど。
帰りは有料でラクな道を通ってもらいます。
地図では青い道です。こっちよ、やっぱり。

あいにくのお天気でしたので
奥飛騨クマ牧場に行きました。

ここはクマを食べるところではありません。
クマを見るところです。

IMG_7864.jpg

エサが欲しくておねだりしています。
クマのエサが売られていてあげている人もいましたが
ごめんね。私たちは持ってないのよ。
ないと分かるとすぐにあきらめるところが賢いわ。
池の鯉はいつまでもうろうろしているものね。

クマさんの学習発表会というショーもあります。

IMG_7873.jpg

輪投げを取って、自分の頭にかぶせる
なんてかわいいんでしょう。

IMG_7877.jpg

三輪車乗りもとても上手。

だけど、このクマさん。
お客さんのなかに赤ちゃんがいて泣いていたものだから
気になって気になって、芸に集中できず
何度も楽屋に戻ってはつかまって連れて来られていました。
失禁までしてしまうほど。

メスのクマだったせいもあるのでしょう。
赤ちゃんの泣き声は気になるのだということがよく分かった
学習発表会でした。


さて、その日に泊まる奥飛騨の宿に向かいます。
和風の温泉旅館です。

なーんと、この日の客は私たちだけ。
小さくもない旅館なのに、貸切り状態。

お風呂は男女で分かれていましたが
露天の女風呂を二人で使っていいと言われて
小雨のなか入りました。

IMG_7892.jpg

写真は一部です。もっと広いです。
池の鯉になったような気分になりました。

この旅行にも、モリコちゃんを連れて行きました。
でも出番はここだけ。ごめんね。

IMG_7886.jpg

お食事は、こんな囲炉裏のあるお座敷で頂きました。

IMG_7912.jpg

IMG_7918.jpg

前日に予約したのにもかかわらず、私たち二人のために、
何人の方がもてなしてくださったのだろうと考えると
とても贅沢な時間でした。

お料理はどれもおいしく、
熱いものはあつあつで頂くことができました。
お酒もおいしい。

IMG_7915.jpg

今回の旅行で食べたいとねらっていたものは
鮎の塩焼き、とらふぐ(養殖に成功したそうな)、
朴葉味噌、飛騨牛、こも豆腐、しょうけめし、
明宝ハム、みだらし団子、けいちゃん。

嬉しいことに、1日目でかなり食べられました。

鮎の塩焼き

IMG_7917.jpg

おいしい!
頭としっぽ以外は骨ごと食べられるなんて嬉しい。

飛騨牛の陶板焼き

IMG_7920.jpg

A5級というよく分からないけど、いいお肉だそう。

IMG_7926.jpg

焼けました。
うーん、おいしい。さすがはA5級(分かってないけど)

地酒もおいしい。

IMG_7922.jpg

とらふぐの唐揚げ

IMG_7927.jpg

奥の2つの茶色いのがそうです。
こちらも身がやわらかくおいしい。

飛騨は、山のなかで食べられる養殖のとらふぐに
成功したそうなのですが、聞いてみましたら
このふぐは山口産でした。
まあ、いいか。とらふぐだし、おいしかったし。

他にもいろいろと出てきて、お腹はいっぱい。
もちろん、お残しはしませんよ。

朝ごはんはこちら。

IMG_7941.jpg

朴葉みそがありました。
甘いのね、かなり。びっくりしました。

IMG_7938.jpg

食事はおいしいし、お風呂もいいし、
とてもくつろげた旅館でした。

2日目も天気は良くなくて
雨が降ったり止んだりしていました。

IMG_7942.jpg


今回の旅は白川郷に行きたくて計画しました、2日前に。

私は神社仏閣、城などには興味がないのですが、
なぜか昔の家とか暮らしには興味があります。
それも庶民のね。

白川郷はぜひ行ってみたいと思っていたので
これが旅のメインになります。

ところが。
宿から1時間半くらいで着くはずなのに
3時間もかかってやっとたどりつきました。

田舎の道を行くときは、ナビ様の言うとおりでないとダメなのね。
といっても、ナビ様の言うとおりにしたのですが、
なんと、途中から違う道を指示し、
ものすごく遠回りさせられそうになったので
ヤダヤダと当初の予定通り進んだら
道が通行止めだったのです。
ナビは、途中で通行止めになっているのに気づいたのでしょう。
おバカなナビ。いや、知能があるわけない。

おかげで飛騨の田舎を堪能致しました。
山だらけだということがよく分かりました。

はあ、白川郷はとても遠かった。
でも、価値のある場所でした。

心躍る写真(私が)を載せますね。

IMG_7946.jpg

IMG_7950.jpg

IMG_7958.jpg

IMG_7960.jpg

IMG_7964.jpg

IMG_7967.jpg

IMG_7979.jpg

IMG_7980.jpg

IMG_7983.jpg

IMG_7985.jpg

IMG_7986.jpg

IMG_7991.jpg

IMG_7994.jpg

IMG_7996.jpg

IMG_8007.jpg

IMG_8006.jpg

IMG_8011.jpg

IMG_8013.jpg

IMG_8015.jpg

すばらしい! さすが世界遺産。

あのだんごは、みだらしだんごです。
関東のみたらしだんごは甘いけど、
あちらのは、ただのしょう油味で甘味が全然ないので
今の私にはとてもおいしく感じられました。

あとは五平餅ね。
やっぱりお米のおやつっていいですね。

そして、驚いたのが雑穀を栽培していたこと。

高キビ

IMG_7966.jpg

もちあわ

IMG_7971.jpg

もちきび

IMG_7973.jpg

ひえ

IMG_7975.jpg

最高でした、白川郷。
行ってよかったと思います。

このあと宿へ向かいます。
長くなるので、続きはその2で。



はじめに、ちえカフェのお時間についてお知らせです。

14日(金) 11時・12時半・14時
◇12時半と14時は、まだお席がございます。

15日(土) 10時半・12時・13時半
◇残席はほとんどございません。
ご希望の方は、直接ご連絡ください。

個人宅での開催となります都合上、
同じ時間にたくさんの人数をお受けすることができません。
車の送迎も定員がございます。

本当に申し訳ありませんが、
入れ替え制にさせて頂きます。
次にお待ち頂いている方をお迎えに行くときに
大宮駅までお送りさせて頂きます。

どうぞよろしくお願い致します。


*****************************************


急遽決めた山梨行き。
それにしては、楽しい旅行になりました。

まずは、吉田うどん。
腰の強いうどんということで
以前から夫が興味を持っていたのです。

100軒はあるといううどん店のなかから
無添加を謳っている店は1軒。
そちらに伺いました。

IMG_7484.jpg

確かに無添加です。

スープは、しょう油と味噌。
馬肉とゆでキャベツとキンピラがのっています。

麺は、夫が打つうどんとよく似ていました。
味は断然、うちのがうまいです。スープもね。

食べているときは優しい素朴な味でしたが
食べたあとは、やたらと喉が渇きました。
動物性のダシだからか・・・。
夫は馬肉にやられて腹下し。
思っていたよりもきつい1杯でございました。


その後、2軒ほど行こうと思っていたお店に振られ、
宿へ向かいました。

その途中の景色です。

河口湖畔

IMG_7491.jpg

IMG_7496.jpg

山が見えるっていいですね。

景色がごちそうです。



さて、宿に着きました。

古い和風の鉱泉旅館です。

なんと、予約が受け付けられていなくて
しばらく待たされました。
宿のミスだったので、宿代をおまけしてくれました。

この旅に連れて行った2人のモリコちゃん。
どこにいてもかわいい。

IMG_7510.jpg

宿の夕飯はごく普通です。
品数は多く、お腹いっぱいになりました。

IMG_7524.jpg

ニジマスの燻製を初めて食べました。
おいしかったです。

IMG_7526.jpg

IMG_7536.jpg

身ひとつ残さず、きれいに食べたでしょう。
夫のお皿です。

IMG_7532.jpg



翌日、宿を出て直行したのが
お昼ご飯のお店という
ほんとに食いしん坊な私達。

でも、このお店はどうしても行きたかったの。
混むという情報があったので
開店前に着いて待っていました。

その日の朝に採れたきのこたち。
大きいのは、トンビマイタケですって。
なかなかこの大きさは採れないらしいです。

IMG_7543.jpg

クマのはく製。
そう、この店は熊肉が食べられるのです。

IMG_7548.jpg

店内のようす。
なかなかいい雰囲気でした。

IMG_7549.jpg

熊焼肉定食

IMG_7564.jpg

天然朝採り焼きのこ定食

IMG_7563.jpg

店先に並んでいたきのこたちが食べられます。
毒きのこが混じっていませんように
と、チラッと思ったりして。

自分で焼きます。

IMG_7566.jpg

きのこは当然、おいしい!
それぞれ味も食感も違っていて面白かったです。

熊肉は、臭くなくておいしかったです。
ちょっと固い程度で、味わい深いです。

おもしろかったー。


その後は、清里まで足を延ばし、
ソフトクリームを食べました。

IMG_7571.jpg

IMG_7572.jpg

日差しは強くても
暑さはさいたまとは全然違います。

気持ちいーい♪

IMG_7575.jpg

IMG_7578.jpg


車で走っていて面白いものを見つけました。

ハッピードリンクショップという看板。
これがところどころにあるのです。

でも、ショップじゃないでしょ。
ただの自動販売機じゃん。
と思いながらも、見る度に気になる。

とうとう、車を停め、水を買うことにしました。

IMG_7580.jpg

おお!安い!
さすが、ハッピードリンクです。
水のペットボトルが100円。
80円のジュースもありました。

帰ってから調べたら、
ウィキペディアに載っていたからびっくりしました。
山梨県とその周辺に設置されている
自動販売機のドライブインだそうです。
通常の自動販売機よりも
価格が数十円安価に設定されているそうな。

おもしろい。
ちゃんと店名もついているのです。


そして、最後に立ち寄ったのが
ぶどう狩りの店。
しかも、有機栽培です。

探せばあるものなんですね。
いやはや、ありがたい。

IMG_7584.jpg

IMG_7591.jpg

IMG_7592.jpg

IMG_7594.jpg

時間制限もなく、たらふく食べました。
サニールージュとバッファローという2種類あったので
飽きずにおいしく頂けました。

こんなにぶどうだけを食べたのは初めて。
すごくお腹が膨れました。

味はとてもいいです。甘くておいしい。
おいしいぶどうの目利きになりましたよ。

有機じゃなくて慣行栽培だったら
きっと舌がおかしくなっていたと思います。
全くそんなことはなく、最後までおいしく頂きました。

おみやげに、ぶどうと桃を買って帰りました。
もう少し早かったら、桃狩りもできます。
いいなあ、桃狩り。来年行こうかな。

この日に食した熊とぶどうのおかげで
今度はふたりして腹を下しました。

お腹の大掃除。
これだけで済めば御の字です。

ともあれ、
とても楽しく充実した2日間になりました。

旅行はいいですね~。
そして、帰ってくると
家はやっぱりいいなあと思いますね。





1泊2日の山梨旅行から帰ってきました。

ああ、おもしろかった♪
そして、またお腹いっぱいになっちゃった!

IMG_7604.jpg

私にとっての旅行は
どこで何を食べるかに尽きます。

で、最後に家に帰ってきて
「ああ~、やっぱりうちのごはんが一番だわ~」
と思うのです。

食べものだけでなく、
居心地やきれいさなども
やっぱり家が1番。

それを実感するために
旅行に行くのかもしれません。

IMG_7599.jpg

家に帰って
娘が作ってくれたちえ~るダーシュと
つんつん冷や汁を食べて
ようやくひとごこち着きました。

旅行の詳しいことは
明日のブログでお伝えしますね。


はじめにお知らせです。

◆今月のスイーツクラスは
20日(祝・月)と21日(火)になります。
いつもと曜日が異なりますので
お間違えのないようお願い致します。

◆夫の講演会のテーマが決まりました。
今日もう1つ記事をアップしていますので
そちらも合わせてご覧ください。

◆会員さん宛てに、
特別クラスのご案内メールをお送りしております。
もし届いていない方がいらしたらご連絡ください。


さて、本題です。

昨日の夜、2泊3日の沖縄旅行から帰ってきました。

沖縄は今回で3回目です。
なぜこんなに沖縄がいいのか。
海で泳がない私達なのにー。

分からないけれど、とても惹かれる場所なんです。
また行きたい、何度でも行きたいと思います。

毎回のことですが、食が中心の旅でしたので
食べものばかりになってしまいますが
写真をご覧頂き、楽しんでくださると嬉しいです。


1日目

那覇到着。
暑い。すごく暑い。
この暑い時期に初めて行きました。

まず目指したのが市場です。
1階の魚屋で買った魚を
2階の食堂で調理してもらうことができるんです。
これがやりたくて、まずはお腹のすいている
初日のお昼に訪ねました。
前回は最終日に行こうと思っていたら
お腹がいっぱいで入らなかったものですから。

IMG_6878.jpg

赤い魚(右)ヒメフエダイ
半身を刺身で。

IMG_6880.jpg


IMG_6885.jpg

濃厚な味の刺身で
これもすごくおいしかったです。
ちなみにしょう油は持参したものを使用しています。


量りにのっているのがアカメモドキ。
マース煮(塩煮)に。

IMG_6881.jpg

調理後の姿。

IMG_6889.jpg

これがものすごーくおいしかった!
なめるように、骨と頭以外は全部食べました。


お隣に赤いひもでしばられているのが
ノコギリガザミ。
夫がこれを食べたいと強く希望していました。

半分はボイルで。

IMG_6888_20150717131642d66.jpg

ただのボイルがすっごくおいしかった。
特にハサミの部分が最高です。
味が濃い!

あとの半分はネギしょうが味で。

IMG_6887.jpg

こちらもいいけど、これよりも
ただのボイルのがおいしかったな。

他にも、カニチャーハンを頼んで、お腹がいっぱいです。

IMG_6886_201507171322338a2.jpg

でも、まだ食べるー!


サーターアンダギー

IMG_6890.jpg

じーまみー豆腐

IMG_6893.jpg

IMG_6916.jpg

さとうきびジュース

IMG_6899.jpg

機械でしぼっています。

IMG_6900.jpg

果物屋さんで

IMG_6904.jpg

パイナップルと

IMG_6903.jpg

マンゴー

IMG_6905.jpg

そういえば、お昼の前に
マンゴーソフトも食べたなあ。

IMG_6874.jpg

ここのお店ではもう3回目。
行くたびに食べてます。


夫は、クマゼミをつかまえて喜んでいました。

IMG_6909.jpg

クマゼミってこんなに黒くて大きいの。
鳴き声も太いです。
関東にはいないので初めて見ました。

IMG_6908.jpg


夕飯は
第一候補のお店が閉まっていて
第二候補のお店は満席。

行きの機内冊子で
沖縄のマグロは冷凍ではなく生なのでおいしい
という記事を読んでいたので
マグロ問屋の回転寿司に行きました。

IMG_6934.jpg

確かにー!
マグロがとてもおいしかったです。
(写真はなしです)


2日目

レンタカーを借りて北上します。

まずは、残波岬へ。

IMG_6954.jpg

青い海と青い空。
この三日間はずっと快晴でした。

IMG_6957.jpg

そして、琉球村へ。

IMG_6960.jpg

IMG_6972.jpg

エイサーを見たり

IMG_6984.jpg

ハブショーを見たり

IMG_6985.jpg

水牛を使った製糖工場を見たり

IMG_6986.jpg

琉装体験をしたり

IMG_6988.jpg

甘くて冷たいスイーツを食べたりしました。

IMG_6992.jpg

IMG_6995.jpg

琉球村をあとにして、景色のよい万座毛へ。

IMG_7010.jpg

海沿いをドライブして

IMG_7016.jpg

無添加のジェラートを食べました。

IMG_7019.jpg

image_20150717135531eaf.jpg

いったんホテルに行ってから
夕飯を食べに行きました。

ここのお店がすばらしい!
禁煙の居酒屋で無添加。
きちんと調理しています。

てびちの唐揚げ

IMG_7055.jpg

海ぶどうとトマトのサラダ

IMG_7051.jpg

ジーマーミー豆腐の揚げだし

IMG_7054.jpg

そうめんタシヤー クラシック

IMG_7058.jpg

もっと食べたけど、沖縄らしいのはこんな感じです。

ホテルにミニキッチンがついていて
フルーツナイフを借りることができたので
スーパーでマンゴーを買ってきて食べました。

IMG_7064.jpg

IMG_7073.jpg

サイコ―!!
旬のマンゴーはうまい!!


3日目

この日は南部の西側に行きました。

斎場御嶽(せーふぁうたき)という
琉球王国最高の聖地に行きました。
世界文化遺産になっています。

IMG_7085.jpg

IMG_7093.jpg

マンゴー、マンゴー、マンゴーが食べたい
と思っていたら、ありました!

生のマンゴーが食べられるお店ってそうないんです。
この時期はそのままで食べるのが一番ですよー。

IMG_7102.jpg


IMG_7103.jpg

IMG_7121.jpg

IMG_7141.jpg

IMG_7140.jpg

お昼ご飯は人気のお店で食べたのですが
景色は最高によくステキでしたが
お味はそうでもなかったので写真は無しです。

ただスイーツでおもしろいのがありました。

カオニャオ マンゴーという
もち米にココナッツミルクをのせた
タイのスイーツです。

IMG_7132.jpg

ごはんにココナッツミルクをかけるという
びっくりな組み合わせですが
これが予想以上においしかったです。


お腹いっぱいになりながら
夕飯は予約しておいた琉球料理のお店へ。

IMG_7148.jpg

13品のコースを予約していました。
おいしいかどうかより、食べきれるかどうか
ハラハラしながらのスタートです。

お客は私たちだけで
お店の方がそばで見ているんだもの!

IMG_7155.jpg

沖縄の野菜のことなど
詳しく説明してくれました。


ゴーヤー・シリシリ

IMG_7151.jpg

豆腐よう

IMG_7153.jpg

みぬだるセット

IMG_7156.jpg

ゴーヤーの白和え

IMG_7158.jpg

ゆし豆腐

IMG_7159.jpg

どぅるわかしー

IMG_7162.jpg

ビラガラマチ

IMG_7164.jpg

じーまーみ豆腐

IMG_7163.jpg

ご厚意で出してくれた
豆腐ようのたれで和えたイカ

IMG_7165.jpg

すーちきー

IMG_7166.jpg

ソーミンたしやー

IMG_7167.jpg

らふてー
めずらしくみそ仕立てです。

IMG_7169.jpg

豚飯(とうはん)

IMG_7171.jpg

なーべーらーの漬け物

IMG_7170.jpg

西国米(しーくーびー)
タピオカのデザートです。

IMG_7172.jpg

赤いのはアセロラ!
はじめて見ました。

薬草茶

IMG_7174.jpg

ものすごく手間と時間がかかっているお料理なのですが
お腹がいっぱいでしたので、
途中から冷や汗(脂汗?)をかきかき食べきりました。

琉球料理、もういいです。
今の私には、らふてーや豚飯はきついです。

帰りの飛行機は
台風が近づいていたので早い便に変えてもらいました。

でも、台風の外側を通るために航路を変えたため、
羽田に着いたのはかなり遅い時間でした。

今回は初めて(かな?)
足がむくむという経験をしました。
つらいんですね。

帰ってから夫にマッサージをしてもらったので
翌日は大丈夫でした。

子どもたちへのお土産は
もちろんマンゴー!
グアバとドラゴンフルーツも。

今日、食べまーす。
子どもより私が楽しみにしているかも。


さてさて、明日は
ちえ~るバーモントカレークラスです。

暑いときに食べるバーモントカレー。
楽しみですね。

お待ちしております♪



1泊2日のお花見旅行から戻ってきました。
楽しかった~♪

今回初めて参加してみましたの。バスツアーに。
へえ~とかふ~んとかのいろいろな発見が
あって面白かったです。

行きのバスは一番後ろの座席で
前席との間が広々していてとても居心地が良かったです。

お昼ご飯は弁当が出るのですが
家でおにぎりを握って行きました。

IMG_5265.jpg

こちらがツアーで頂いたお弁当。
ちらしです。半分ぐらい食べました。

IMG_5268.jpg

さて、大阪に到着。
こんな風に書くとあっという間ですが
車で埼玉から大阪って、すんごく遠かったです。
でも、ただ乗っているだけなのでラクですね。
夫とおしゃべりしたり寝てたり、とても気楽でした。

というわけで、もう大阪です。
着く直前まで雨が降っていたのですが
バスから降りたらやみました。
いつものことですがありがたいことです。

大阪城が後ろに見えます。きれいなお城ですね。

IMG_5271.jpg

さて、大阪造幣局の前です。
人もいっぱいです。

IMG_5273.jpg

桜はやった! 咲いています。

IMG_5274.jpg

ここは八重桜がほとんどなので、今の時期に楽しむことができました。
しばらくは桜の写真をお楽しみください。

IMG_5276.jpg

IMG_5277.jpg

IMG_5278.jpg

IMG_5279.jpg

IMG_5281.jpg

IMG_5284.jpg

IMG_5289.jpg

IMG_5292.jpg

IMG_5298.jpg


とても近くで花が見られるので圧倒されます。
まんまるくてボリュームがあって
なんだか綿あめのようでおいしそうでした。


このあとホテルに着き、
私たちはすぐに大阪の街に出て
オーガニックのイタリア料理の店に入りました。

IMG_5308.jpg

ここは美味しいお店でした。
ほんとよかったー。

IMG_5309.jpg

メニューのプライスも気にせず
ワインもお料理もたくさん注文して
おいしく頂きました。

IMG_5313.jpg

野菜パイ包み焼き。
これが一番おいしくて気にいってしまいました。

IMG_5319.jpg

ナイフを入れて切ってくれます。

IMG_5320.jpg

お野菜とトマトソース、そしてパイが
ホントにおいし~い。

IMG_5321.jpg

たけのこやアスパラなど
春野菜がたっぷり入っていました。

IMG_5322.jpg

お肉も食べましたよ。
ただ悲しいことに、お肉だけが残念なお味でした。
他はおいしいのに・・・。

IMG_5324.jpg

添えてあるお野菜とソースはおいしいです。

IMG_5325.jpg

ワインは酸化防止剤は入っています。
でもオーガニックでした。おいしかった♪

IMG_5326.jpg

ここまでで1日目は終わりです。


さて2日目は吉野山へ向かいます。
こちらの桜は山桜ですが
例年よりずっと開花が早くてほとんど散っていました。
奥千本まで行けば咲いているのを見られるかもですが
何しろツアーなので3時間弱で戻って来なければなりません。

ここが大型バスの停まる駐車場です。
ここから出発しました。

IMG_5332.jpg

優雅に歩く余裕はなく
早足でどんどん前、いえ上に進みます。

IMG_5333.jpg

黒門前。

IMG_5335.jpg

史跡 名勝 吉野山
と書いてあります。

IMG_5336.jpg

道は舗装されていて歩きやすいです。
両側にお店が並んでいて風情があります。

IMG_5340.jpg

結構坂の勾配がきついのがお分かりでしょうか。
でもこの辺りはまだまだ余裕です。

IMG_5341.jpg

いいお天気で暑いくらいでした。

IMG_5344.jpg

IMG_5346.jpg

だいぶ登ってきました。
もっと桜が咲いていればきれいだったろうなあと
想像力を働かせて鑑賞することに。

IMG_5351.jpg

奥千本へ行くケーブルバスがありましたが
約30分待って、着くのに20分かかるんだそう。
時間に余裕のない私たちにはそれは待てません。
自分の足で歩くどー。

と思ったら、
舗装道路だけでなく、こんな道が。
この辺りからきつくなってきました。
でも歩くスピードは落とさずがんばる!

IMG_5354.jpg

きれいよ。
満開だったら、ね。

IMG_5355.jpg

この辺りから体力的につらくなりました。
だって坂の勾配がきついし、速足なんだもの。
見かねて夫が背中を押しながら歩いてくれました。
自分の体が軽くなったようですごいラク。
一方、夫は1.5倍の力を使ったと言っていました。

はあ、疲れたー。

IMG_5357.jpg

汗が吹き出し、息があがり
もうダメ。疲れまくったと思ったころに
展望台がありました。

水を2人で1本買って
その場で飲み切りましたよ。

写真屋さんに撮ってもらった1枚。
これの大きい版を購入。

IMG_5359.jpg

無理やり笑う。

もうここまで来たら引き返そうかということに。
奥千本はまだ先だけどもう充分。
後から夫は「え?奥千本はまだ先だったの?」などと言う。
知らなかったらしい。

いいのいいの。
せっかく来たんだから、どこかの茶店で休んだり
お土産屋さんをひやかしたりしようよ。

途中ですれ違った子どもが
「もう帰るー」「おかしー」と言ってました。
分かる分かる。

下り坂はなんてラクなのー。
どんどん下りていきますよ。

IMG_5365.jpg

このお店で
白たけのこ、雪の下、カンゾウを購入。
無人販売でした。
カブト虫の幼虫なども売っていて面白かったです。

IMG_5370.jpg

さて、ひと休みすることに致しましょう。
暑いし、足がくたくたです。

IMG_5372.jpg

くずもちと抹茶。
おいしい♪

IMG_5375.jpg

くずきり。黒みつで。

IMG_5376.jpg

これが冷たくておいしかった。
夫が頼んだのにほとんど私がもらっちゃいました。

これで元気回復。

道すがら、さくら巻きという名前に惹かれて
買ってみました。

IMG_5382.jpg

もち米を桜のアクで炊いたものを
桜の葉に巻いたものなんだそう。

IMG_5383.jpg

桜ソースで食べました。
他の味も選べます。

ぷんと桜の香りがしておいしかったです。
この店だけのお菓子らしいです。

さらに、桜のソフトクリームも食べちゃった。

IMG_5386.jpg

ここの店のは桜の葉が入っていて
甘くなくてしょっぱめでおいしかったです。

選んだ食べ物、全部大正解でした。
そんなによく見て吟味したわけではないんですよ。
でも、桜のソフトクリームにもいろいろあって
さくらんぼが入っているのも見かけました。
私は桜の葉の方がよかったのでラッキーです。

集合時刻ぎりぎりまで楽しめました。
吉野山。もうきっと来ないけど楽しかったです。

さてバスは吉野を後にして
埼玉まで戻ります。

お昼はお約束の柿の葉ずし。
久しぶりに頂きましたが酢がきついです。
普段摂ってないからかな。

IMG_5393.jpg

帰りのバスのなかで
夫が私の疲れ切った足をずっと揉んでくれました。
んー、6時間くらい?
お尻の筋肉からアキレス腱まで悲鳴をあげていましたが
なんと翌日、つまり今日なんですが
全く筋肉痛になっていません! すごい!


帰宅は夜の10時ごろ。
娘の作ったごはんを食べて人心地つきました。

ああ、楽しかった♪

このブログには書けない他のこと(バスツアーのね)も
次のクラスではお話したいと思っています。


明日からのスイーツクラスでお待ちしております♪


1月9日(金) 5日目

昨日は帰宅が深夜だったので
翌日の10日に書いています。

とてもとても楽しい旅でした。
疲れたのは胃腸だけで、
心と体は好きなようにのびのびと過ごしてきました。

最終日の昨日9日は
宮古島から沖縄本島に飛行機で向かい、
那覇でお昼から夜までを過ごしました。

まずは、朝、宿で食べたものの写真です。

イモくず天

IMG_3696.jpg

IMG_3697.jpg

素朴なおやつといった感じで、おいしかったです。


ミズレモン

IMG_3698.jpg

これがとってもおいしかったです。
パッションフルーツの仲間のようですが
酸っぱくなくて甘い。大好きになりました。

IMG_3700.jpg

中に入っていた紙を見たら、有機栽培でした。
もっと買って、持って帰ればよかったな。

IMG_3701.jpg

食べちゃった。

IMG_3705.jpg

IMG_3703.jpg

IMG_3704.jpg

このコンドミニアムは快適で
たった1泊というのがもったいないくらいです。

IMG_3707.jpg

1階からも2階からも
ベッドに寝ていながらも(!)
海が見えるという贅沢さ。

IMG_3710.jpg

テラスから庭へ、庭から海へとつながっています。

IMG_3713.jpg

名残を惜しみながら、空港へ向かいました。

宮古空港にあった、貝でできたシーサー。

IMG_3716.jpg

さよなら、宮古島~。

IMG_3720.jpg

1時間弱で那覇到着です。

IMG_3725.jpg

また国際通りへ来ました。

IMG_3730.jpg

マクロビのお店でランチにしました。
ここは1日目にも来ています。

IMG_3734.jpg

今日はカレーともちきび丼。

IMG_3735.jpg

悪くはないけれど、この手のものを食べると
ちえ~るのごはんが食べたくなります。
だって、食材は同じようだけど、味が全然違うんだもの。

1日目に食べたのはこちらです。

IMG_3260.jpg

ベジタコライス(上)とちゃんぷるー(下)

IMG_3261.jpg

ベジで無添加なので
そろそろ体が悲鳴をあげていた私たちには
ありがたかったです。

今回の旅は、かなり食には気を付けて
添加物はだいぶ避けることができました。
が、しかし。
動物性の物は避けるのがほんとに難しいです。
沖縄はあぐー(豚肉)と魚。
宮古は宮古牛と魚。

からだにはきっつーい。


市場通りです。
よく知らない果物に惹かれます。

IMG_3739.jpg

また食べちゃいました。
アテモヤ。ハマるハマる。

IMG_3741.jpg

ほんとにおいしいのよ。

IMG_3743.jpg

その後、やちむん通りという
焼き物のお店が並んでいる通りを歩きました。

IMG_3751.jpg

ちょっと買い物をしてから
ぶくぶく茶を飲めるお店でひと休み。

上にあるのは泡です。
時間がたっても消えません。
聞いたら、専門の人しか泡立てられないそうです。

IMG_3754.jpg

茶碗に口をつけて飲みます。
おもしろい。

IMG_3758.jpg

ぽーぽー
クレープのような生地に肉味噌が入っています。

IMG_3756.jpg

また市場通りを歩いていたら
さとうきびジュースの看板を見つけました。

その場でしぼりたて!

IMG_3774.jpg

しぼったジュースは緑っぽい色をしています。
甘~い。おいし~い♪
でもさっぱりしています。

IMG_3775.jpg

さとうきびの皮をむいただけのものも
売っていたので買ってみました。
がじがじ噛んで吸います。
甘くておいしい。

IMG_3776.jpg

予約の時間になりました。
最後の夜は、伝統的な琉球料理のお店で夕食を頂きます。

IMG_3785.jpg

古い建物の2階に通されました。
日本の和室と似ています。

IMG_3788.jpg

IMG_3792.jpg

IMG_3793.jpg

IMG_3797.jpg

IMG_3798.jpg

IMG_3801.jpg

IMG_3802.jpg

IMG_3806.jpg

IMG_3807.jpg

IMG_3809.jpg

IMG_3810.jpg

IMG_3811.jpg

IMG_3812.jpg

IMG_3813.jpg

どれもこれも、ものすごーく手間がかかっています。
ありがたいことです。

ただ、どれも豚のだしだったので
私たちには結構きつく感じられました。


さあ、沖縄を満喫しましたので帰ります。

IMG_3815.jpg

ただいま~。
子どもたちが出迎えてくれました。

前回は少なかったお土産が、今回はいっぱい。
特に食べ物です。

IMG_3822.jpg

あとは結構お菓子も買いましたよ。


大きなアテモヤが熟しすぎていたので
家族みんなで食べました。

IMG_3821.jpg

これは子どもの分です。
夫と私は、はじっこの小さな部分で充分。

息子が、どことなくハイチューに似ていると言いました。
そうかもしれない。そんな味がするかも。
昔よく食べさせちゃったなあ、ハイチュー。



というわけで、楽しかった宮古島のたびは終わりました。

今回はおもしろいことに、同じお店に2回行くことが多かったです。
それだけいいお店は少なくて貴重だということかもしれません。

なぜか人にも2回会うことが多かったのも不思議。
知らない人ですが、全く違う場所でまた会うなんておもしろいです。



明日からはおかずクラスが始まります。
しばらく料理教室がなかったのでわくわくしています。

私はやっぱり料理教室が好きです。
皆さんと一緒に料理を作り上げていく、そういう時間が楽しいです。

今年もいろいろな方にお会いするのを楽しみにしています♪
どうぞよろしくお願い致します。



1月8日(木) 4日目

今日の天気は曇りときどき晴れ。
でも風がかなり強いです。

カーフェリーで伊良部島へ渡るのを予定していましたがやめて
まだ行っていないところ、そしてもう一度行きたいところへ
行くことにしました。

IMG_3586.jpg

IMG_3587.jpg

IMG_3589.jpg

IMG_3593.jpg

IMG_3594.jpg

このキーツマンゴーがとってもおいしかった!
忘れられないであろう味です。

IMG_3595.jpg


昨日行ったハンバーガー屋にもう一度。

IMG_3600.jpg

今度はツナバーガーが食べたくて。

IMG_3602.jpg

1400円也。
高いだけのことはあって、とってもおいしい。

私はツナがあまり好きではないけれど、これはおいしいです。

IMG_3605.jpg

IMG_3617.jpg

IMG_3621.jpg

IMG_3624.jpg


カフェでお茶。

私は月桃茶を飲みました。
この香り、クセがあるけれど好きです。

IMG_3629.jpg


IMG_3626.jpg

IMG_3632.jpg

IMG_3634.jpg

IMG_3635.jpg

IMG_3639.jpg


今日泊まるところは
1棟貸しで、しかも2階建て。

広々としていて気持ちがいいです。

IMG_3641.jpg

IMG_3644.jpg

IMG_3646.jpg

IMG_3651.jpg

宮古島温泉へ。
宮古島にも温泉があるんですね。
珊瑚でできている島なのに。

IMG_3655.jpg


そして、おととい行ったおいしいお店へ。

IMG_3666.jpg

IMG_3667.jpg

IMG_3668.jpg

IMG_3669.jpg

IMG_3670.jpg

IMG_3671.jpg

IMG_3673.jpg

IMG_3674.jpg

IMG_3675.jpg

IMG_3676.jpg

IMG_3677.jpg

IMG_3679.jpg

IMG_3682.jpg

IMG_3684.jpg

IMG_3685.jpg

IMG_3686.jpg

IMG_3687.jpg

IMG_3688.jpg

IMG_3689.jpg

IMG_3690.jpg

IMG_3691.jpg

IMG_3692.jpg

IMG_3693.jpg

IMG_3694.jpg

ああ~、おいしかった!
堪能しました。
本当においしいものを食べさせてもらい
ありがとうという気持ちです。

これから宮古島へ行かれる方には
ぜひともおすすめしたいお店です。



さて、明日は沖縄本島へ飛び、
夜の便で羽田に向かいます。

帰宅が深夜になるので
明日の分はあさって更新しますね。




1月7日(火) 3日目

今日は昨日までとは違い
風が強くて気温が低い1日でした。

途中、いっとき雨が降りましたが
そんなときは大抵車の中かお店の中。

昨日の雨も、降りが結構激しかったのですが、
ほとんど濡れずにすみました。
すっごくラッキーです。

今日はまずは来間島(くりまじま)へ行きました。
島といっても、橋ですぐに渡れる小さい島です。


IMG_3489.jpg

IMG_3493.jpg

IMG_3496.jpg

IMG_3504.jpg

IMG_3512.jpg

IMG_3517.jpg

さとうきびを収穫して運ぶ車を何台も見ました。

宮古島も来間島も
主要作物はさとうきびです。

他の野菜はほとんど見ませんでした。
お米はまったくです。


また宮古島へ戻りました。

お昼に食べたハンバーガー。
化学調味料、保存料など無添加でした。

IMG_3523.jpg

夫が食べたハンバーガーは1600円もします。
となりのポテトは別料金です。

ダブルになっていてかなり大きいです。
なかなかすごいハンバーガー屋です。

ちなみに私のはオーソドックスなもので900円くらい。
十分おなかがいっぱいになりました。

IMG_3525.jpg


市場でいろいろと物色しました。

IMG_3527.jpg

IMG_3531.jpg

予定していた夕飯の店がやっていなくて
他の店に行きました。

IMG_3549.jpg

IMG_3550.jpg


帰ってからホテルで
市場で買ったお菓子をつまみに
オリオンビールで飲みなおしです。

これはサニンもち。
サニン=月桃の葉で包まれた宮古島特産のおもちです。

IMG_3576.jpg

おもちといっても伸びは弱くて食べやすい。
甘さ控えめで上品な味でした。
私は結構好きです。

もち粉、きび糖、紅芋、小豆のみ。
この原材料にひかれて買いましたが、買ってよかったと思います。

IMG_3581.jpg

沖縄では「さーたーあんだぎー」ですが
宮古島では、「さたぱんびん」と呼び方が変わります。

宮古の方言で、「さた」は砂糖、「ぱんびん」は揚げ菓子のことだそうです。

IMG_3583.jpg

たくさんある中から選んだこれ、おいしかったです。



あと1日、宮古島を楽しみます。




1月6日(火) 2日目

はじめの2日はプライベートコテージに泊まりました。
1棟貸しです。
部屋が広くてきれいで、とっても快適です。

IMG_3311.jpg

IMG_3304.jpg

さあ、出発です。
宮古島1周を回りまーす。

IMG_3325.jpg

IMG_3334.jpg

IMG_3348.jpg

IMG_3357.jpg

IMG_3375.jpg

IMG_3378.jpg

IMG_3383.jpg

IMG_3384.jpg

IMG_3386.jpg

IMG_3393.jpg

IMG_3395.jpg

IMG_3420.jpg

IMG_3421.jpg

IMG_3427.jpg

IMG_3431.jpg

IMG_3437.jpg

IMG_3445.jpg

IMG_3450.jpg


夕食はあらかじめ予約しておいた小料理屋さん。

IMG_3457.jpg

IMG_3458.jpg

IMG_3459.jpg

IMG_3461.jpg

IMG_3462.jpg

IMG_3463.jpg

IMG_3465.jpg

IMG_3468.jpg

IMG_3469.jpg

IMG_3470_2015010621023723c.jpg

IMG_3472_2015010621024084b.jpg

IMG_3471.jpg

IMG_3473.jpg

IMG_3474.jpg

IMG_3475.jpg

IMG_3476.jpg

IMG_3479.jpg

IMG_3480.jpg

IMG_3482.jpg

ここのお料理がとびきりおいしくて
もう明日以降、他のお店では食べられないと思うほど。

なので、もう一度食べたくて
あさってまた伺うことにしました。

ここは1日2組の予約のみのお店です。

もちろん化学調味料は使っていません。
幸せを感じるほどおいしいです。

ああ、あさっても楽しみです。
メニューは変えてくれるそうです。

1月5日(月)

沖縄はまず那覇へ飛びました。

IMG_3249.jpg

埼玉は震える寒さでしたが
沖縄は24℃という暑さ!

長袖シャツ1枚でOKという嬉しさ。
あったか~い。しかも身軽~。

IMG_3275.jpg

南国フルーツがおいしそうだったので
いただきました。

IMG_3266.jpg

ドラゴンフルーツ(右)とアテモヤ(左)です。

アテモヤってなに?
初めて食べてびっくり!

すっごく甘くておいしいです。
しかも、今が旬だそうです。
これは買って帰らねば・・・。

糖度はマンゴーを超える25度越!!
世界三大美味の一つチェリモヤとシャカトウを
掛け合わせた贅沢な果実だそうです。

IMG_3265.jpg


さらに、マンゴーたっぷりのソフトクリームも食べちゃいました。

IMG_3271.jpg

1月だというのに。
ソフトクリームなど食べても、寒くなーい。
すごいです。


那覇の国際どおりをぶらぶらして楽しんだあと
宮古島へ向かいました。

着いてすぐに夕飯です。

IMG_3290.jpg

IMG_3292.jpg

IMG_3293.jpg

IMG_3294.jpg

IMG_3295.jpg

IMG_3298.jpg

IMG_3296.jpg

食材は沖縄らしいものばかり。

暖かさといい、食べたものといい、
すっかり沖縄旅行ムードむんむんです。


伊豆高原でのお料理教室を終えた夫と私。
その後の行動をここで公開致しましょう。

まずは、アジアンオールドバザール伊豆に行きました。
意外と素敵なものがありました。

IMG_1964.jpg

IMG_1965.jpg

昼食は回転寿司へ。
すっごーく久しぶりです。寿司も回転寿司も。

IMG_1967.jpg

夫は美味しいと言っていましたが、
私は美味しく感じませんでした。なんでかな。

そして、怪しい少年少女博物館へ。
ほんとに名前通りの怪しいところでした。

IMG_1970.jpg

IMG_1977.jpg

IMG_1972.jpg



続いて、怪しい秘密基地 まぼろし博覧会へ。
ここもさらにヘンテコなところでした。

IMG_1994.jpg

IMG_1978.jpg

IMG_1984.jpg

IMG_1985.jpg

IMG_1989.jpg


そして、泊まるホテルへ入りました。

全室露天風呂付き、英国調ホテルです。
サイトを見て一目惚れして決めました。

IMG_2009.jpg

IMG_2010.jpg

IMG_2002.jpg

IMG_1998.jpg

家具はイギリスのアンティークなもの。
趣きがあってよかったです。

IMG_2001.jpg

IMG_2006.jpg

IMG_1999.jpg


IMG_2003.jpg

ディナータイム。

IMG_2025.jpg

もちろん肉や魚ばかりでしたが、
どれもきちんと手をかけられていた逸品でした。
味もよかったですよ。

IMG_2026.jpg

IMG_2027.jpg

IMG_2030.jpg

IMG_2033.jpg

IMG_2036.jpg

IMG_2037.jpg

IMG_2038.jpg

IMG_2039.jpg

IMG_2040.jpg


朝食はお部屋でいただきました。

IMG_2051.jpg

サンドイッチが2つもあって、お腹がいっぱいになりました。
サラダのドレッシングもきちんと手作りしてありました。

IMG_2054.jpg

IMG_2055.jpg

最後にホテルの方に撮ってもらったショットです。

IMG_2062.jpg

このホテルのすばらしさはいろいろあれど、
スタッフの方のサービスが特によかったです。

マニュアル通りではなく、
本当に心がこもったおもてなしを受けました。
こういうサービスは心から癒されるものなのですね。


さて、この日は伊豆高原をあとにして、
熱海に向かいました。

熱海城です。

IMG_2064.jpg

IMG_2068.jpg

IMG_2074.jpg

ここは意外と楽しめました。
体験型のコーナーがおもしろかったです。

IMG_2080.jpg

IMG_2082.jpg

あとは、浮世絵画館が地下にあり、
春画を見ました。18禁です。


続いて、トリックアート迷宮館へ。
初めての体験でしたが、なかなか面白かったです。

IMG_2106.jpg

IMG_2105.jpg

IMG_2108.jpg

IMG_2113_201410282234364c2.jpg

IMG_2114.jpg

IMG_2132.jpg


お昼ご飯は、まご茶漬けというものを食べました。
まぐろのお茶漬けです。

IMG_2148.jpg

ちょっと薄味で、しょう油をかけたかったけれど、
お店の方がすぐそばにいたのでできませんでした。

IMG_2149.jpg

さびれてしまった熱海銀座。

IMG_2155.jpg

目指すはここ。なんと和菓子屋さんです。

IMG_2154.jpg

買い求めたのは、きび餅。
白玉粉、きび粉、砂糖、きな粉のみでできています。
添加物は入っていません。

その場でお店の方が切り分けて箱詰めしてくれます。

お店の奥のショーケースを見ていたら、
素敵なミニチュアのちゃぶ台を発見してしまいました。
即、購入。とってもかわいいんですよ。


最後は、熱海秘宝館。
18歳未満は入れません。

IMG_2158.jpg

レトロなスケベが満載でございました。
若い頃には入れませんでしたねー。
おじさん、おばさんになってから行った方がよいかと思います。
ちなみに撮影禁止です。

エロレトロな洗脳をたくさん受けて、家路につきました。

楽しく怪しい伊豆旅行となりました。


群馬旅行の2日目です。

前日は食べ過ぎて苦しかったのですが、
しかし、朝になるとまた食べてしまう。
すごいことです。

IMG_1225.jpg

IMG_1223.jpg

IMG_1217.jpg

IMG_1216.jpg

IMG_1214.jpg

IMG_1219.jpg

IMG_1221.jpg

IMG_1220.jpg

朝も温泉につかり、心行くまで堪能してから
宿をあとにしました。

IMG_1234.jpg

四万温泉街をぶらぶらと散策です。

IMG_1236.jpg

IMG_1235.jpg

IMG_1238.jpg

IMG_1239.jpg

ここが、千と千尋の神隠しのイメージモデルとなった旅館です。
現存する日本最古の湯宿建築だそうですよ。

そういえば、四万温泉に入る道で
「いつも何度でも」が流れていました。

IMG_1248.jpg

IMG_1242.jpg

IMG_1243.jpg

IMG_1245.jpg

焼きまんじゅう

IMG_1251.jpg

見た目ほど重たくなく、お腹にたまりません。
よかった。
でも、ふたりで一串にしておきました。

IMG_1253.jpg

IMG_1246.jpg

IMG_1247.jpg

四万温泉にさよならを告げ、
今度は、ロックハート城に向かいます。

コスモスがきれい。

IMG_1256.jpg

着きました~。
群馬の田舎にそびえたつヨーロッパの城。

IMG_1257.jpg

IMG_1272.jpg

1829年にイギリスで建設され、
1987年から1993年まで6年かけて日本へ移築された城館です。
ヨーロッパの城館を移築・復元したのは、日本で初めてだそうです。
というわけで、本物のお城なんです!

IMG_1289.jpg

ロックハート城を買収して英国から日本へ運んだのは
俳優の津川雅彦です。
中にもいっぱい高価なものが展示してありました。
コレクターなんだな。

IMG_1259.jpg

IMG_1283.jpg

IMG_1278.jpg

展示品もすごいけれど、
お土産ショップもなかなかのものです。

IMG_1292.jpg

IMG_1293.jpg

ここは、娘が気にいるだろうなあという場所です。
優雅なドレスを着てプリンセス体験もできるそう。

IMG_1297.jpg

IMG_1299.jpg

さて、旅も終盤になりました。
奥平温泉の遊神館というところで、
カミナリ重が食べられるそうなので行ってみました。
逆に言うと、ここでしか食べられない
なまずの天ぷらです。

途中の道路でサルが5匹くらいいるのに出くわしました。
2匹のサルは縁石に腰かけて何かを食べていて、
2匹は交尾中。あと1匹は寝転がっていたかな。

写真は残念。撮れませんでした。

民家のそばだというのに、群馬にはサルがいる。
やはり田舎ですね。

着きました。

IMG_1303.jpg

これがナマズの天重。

IMG_1305.jpg

身はやわらかくておいしいです。
泥臭かったりはしませんよ。

IMG_1308.jpg

IMG_1307.jpg

全部は食べられずに夫にあげてしまいました。

ほんと、今回の旅は食べ過ぎの旅。
帰ってからも娘が作っておいてくれた夕飯を食べました。
これは楽しみなんですけどね。

動物性のものが入ると
体は重くて鈍い感じです。

よし! しばらくは精進料理だ。
肉も魚も断つぞー。
なんちゃって。もともと食べてませーん。

明日とあさっては
ベジ塩ラーメンクラスです。

ベジで無添加。なのに塩ラーメン。
さあ、どうやって作るのか知りたくないですか?
楽しみにしてくださいね。

お待ちしております♪



9月25日(木)26日(金)と1泊2日で
群馬県に行ってきました。

埼玉のお隣の県で近いのに、
知っているようでよくは知らないことが
結構ありました。

まず訪ねたのが、
富岡製糸場の近くのこんにゃくパーク。

富岡製糸場は世界遺産になったため
とても混んでいるらしいです。
さらに、蚕が気の毒であまり興味もないため
行きませんでした。

こんにゃくパークは
こんにゃく工場を見学して
こんにゃく料理が食べ放題(無料)です。

IMG_1127.jpg

何か創作の参考になるものがあるかと思いましたが、
残念ながら何もありませんでした。

日頃、自分が食べているこんにゃくって
おいしいんだと改めて思いました。
つまり、そこで食べたものがおいしくなかったということです。

こんにゃくの9割は群馬で作られています。
こんにゃく畑をたくさん見てきました。

IMG_1311.jpg

こんにゃく芋ができるまで3年もかかるのに、
なぜこんにゃくはこんなに安価なのかと悲しく思います。
皆さん、品質のよいおいしいこんにゃくを食べましょうね。


さて、その後、おいしい水沢うどんが食べたいと
創業天正10年のうどん屋さんへ車を走らせました。
伊香保温泉の手前にあります。

IMG_1131.jpg

IMG_1129.jpg

醤油つゆと胡麻つゆの2種でいただきました。
化学調味料を一切使っていないという言葉にひかれて、
この店に決めたのです。

こちらは、うどんの「こ」という箱膳6品。

IMG_1130.jpg

よくあるお惣菜です。
途中、そういえば、この店はベジだねと気が付きました。
どこにもそんなうたい文句はありませんが、
肉も魚も全くメニューにありません。
ただ、つゆに鰹節を使っていますけどね。

味は普通です。
夫が打ったうどんがやはり一番おいしい。
つゆもうちのつゆのが明らかにおいしい。
ああ、外食はこれが嬉しいような困るような・・・。


さあ、この日の宿、四万温泉を目指して
田舎道を走らせます。

途中の風景がとてもいいので撮りました。
群馬の、というより日本の田舎風景ですね。

IMG_1136.jpg

IMG_1137.jpg

IMG_1138.jpg

稲が黄金色に染まっているさまが
感動するほどきれいでした。
日本人の主食は米。
稲穂をきれいと感じる心は昔からのものなのでしょう。

IMG_1139.jpg


そうこうするうちに、宿に到着しました。
渓谷に建つ小さな宿です。

IMG_1226.jpg

源泉掛け流しの3箇所のお風呂はすべて貸しきり。
夫とふたりで入れるのが、とてもいい。

IMG_1153.jpg

IMG_1205.jpg

IMG_1210.jpg

一番楽しみなのが、お料理です。
ものすごい量でありながら、一品一品手をかけられていて
とても満足しました。

食前酒の菊花ワイン。

IMG_1173.jpg

個室ダイニングでいい感じです。

IMG_1166.jpg


IMG_1168.jpg

どんどん焼き。
毎年小正月におこなわれる行事から命名した網焼き料理のことです。
肉や野菜を網で焼いて、カレー塩や塩コショウ、田楽味噌などで食べます。

IMG_1170.jpg

IMG_1172.jpg

四万温泉の地ビール

IMG_1174.jpg

IMG_1178.jpg

IMG_1179.jpg

温泉酒も飲みました。

IMG_1180.jpg

IMG_1181.jpg

IMG_1184.jpg

IMG_1185.jpg

IMG_1186.jpg

IMG_1188.jpg

IMG_1189.jpg

IMG_1190.jpg

上州名物おきりこみうどん
期待が大きかったのが、これです。
それなのに、うどんが、ああ・・・・。
中華めんのようで思っていたのと違いました。

IMG_1192.jpg

最後に卵を入れておじやにしてもらいました。

IMG_1194.jpg

ご飯も頂きました。

IMG_1196.jpg

食べた~。

IMG_1195.jpg

デザートはおそらくこんにゃくのゼリー。

IMG_1198.jpg

今まで生きてきたなかで一番と言っていいほど
食べ過ぎました。
妊娠7か月くらいのお腹になりました。

旅行の3日目。

気持ちのよい朝です。

IMG_0614.jpg

IMG_0616.jpg

ここも旅館の敷地内です。

IMG_0617.jpg

IMG_0618.jpg

朝食はまた昨日とは違う部屋でした。

IMG_0633.jpg

IMG_0627.jpg

IMG_0628.jpg

豪華というわけではありませんが、
きちんと作られているのが分かります。

IMG_0630.jpg

すべていただきました。
ごちそうさまでした。

IMG_0638.jpg

素敵な旅館に別れを告げ、
武家屋敷が並ぶ角館(かくのだて)へ向かいました。

ここは私が仕事でちょっと立ち寄ったことがあり、
とても素敵なところだったので
もう一度来たいと思っていたのです。

もう10年以上前になります。
当時は雪景色でした。
緑が深い今の時期もよかったですよ。

IMG_0641.jpg

IMG_0642.jpg

IMG_0643.jpg

IMG_0644.jpg

IMG_0645.jpg

IMG_0646.jpg

IMG_0648.jpg

IMG_0649.jpg

IMG_0650.jpg

IMG_0652.jpg

IMG_0656.jpg

IMG_0682.jpg

IMG_0684.jpg

さて、お昼は
無添加を謳っている懐石料理屋さんへ。

お庭が素敵です。

IMG_0657.jpg

IMG_0660.jpg

鯛(秋田沖) みず 塩魚汁煮

IMG_0661.jpg

みずとはこの地方独特の野菜のようです。
前日の宿の料理でも出てきました。

ここのお庭に生えていました。

IMG_0664_20140829224036826.jpg

塩魚汁煮はしょっつるのことです。
もっと臭みがあるのかと思っていたら
そんなことはなく、おいしかったです。


焼き茄子寒天

IMG_0659.jpg

いぶりがっこフランスパン
塩魚汁フランスパン

IMG_0669.jpg

角館名物 八杯豆腐(はちへとうふ)

IMG_0665_20140829224318456.jpg

角館で昔から食べられている豆腐料理。
あまりの美味しさから八杯も食べられるので
この名前で呼ばれているそうです。

おから塩魚汁煮

IMG_0658.jpg

天然いわな一夜干し

IMG_0672.jpg

じゅんさい 自家製土佐酢

IMG_0662.jpg


いぶりがっこときりたんぽ、夏野菜の天ぷら

IMG_0674.jpg

この天ぷらがおいしかった!
あ、野菜ではなくて、いぶりがっこときりたんぽです。
なんともいい味でした。

竹の子茶碗蒸し 塩魚汁あんかけ

IMG_0675.jpg

きりたんぽ田楽 

IMG_0668.jpg

いぶりがっこ

IMG_0663.jpg

桜の葉っぱ稲庭うどん

IMG_0676.jpg

きんかん寒天

IMG_0677.jpg

本来の風味を大切に考え、
使用する調味料、食材は出来るだけ無添加の物を選んでいます。
秋田の良さをお料理から感じていただければ幸いです。
料理人・店主

献立表にこう書いてありました。
はい。本当に無添加のおいしい食事でした。
ごちそうさまでした。


さて、この旅行も終わりに近づきました。
角館から新幹線に乗って大宮まで帰ります。

IMG_0702.jpg

まだ時間があったので、
駅前の喫茶店に入りました。

夫が頼んだのは「こまちビール」

IMG_0704.jpg

私は紅茶。

IMG_0705.jpg

新幹線のホームといっても、こんなもの。

IMG_0708.jpg

「こまち」をバックに撮った1枚。
これが最後の写真になりました。

IMG_0710.jpg

楽しかった3日間は終わってみるとあっという間でした。

家に着いて、娘が作っておいてくれたごはんが
心と体に染み渡りました。
お腹がいっぱいのはずなのに、お替りしたりして。

留守のあいだに娘が作ったものを聞いてみました。

カルボナーラン&カルボナータン
ちえ~る焼きそば
九龍の夜明け
いちじくのブラウニー
モンブラン
OK!たい焼きくん

もちろん、毎回ごはんとみそ汁も作ったそうです。

私が作って置いていったものもあったので、
これだけ作ったのなら上出来です。

安心しました。
また旅行に行けそうだな。

娘は娘で、
次は合宿のときに何つくろうかな~と
楽しみにしているようです。






旅行の2日目。

朝から温泉に入り、ホテルの食事を食べて
早めに出発。
なんせ遠野は遠いのだ。

柳田邦夫の遠野物語は読んだことがありませんが、
「水木しげるの遠野物語」というマンガを読みました。

09182879.jpg

妖怪まがいのものに出会ったりする
ちょっと不思議な話が短編でたくさん載っています。

最近の私は
古い日本になぜか憧れているので
遠野に心惹かれるのでありました。

冬場は通行止めになる山道を通り、
ようやく遠野に到着。
岩手県も広いですね。


続石(つづきいし)

IMG_0487.jpg

これは一見の価値あり。
大きな石が小さな石の上に乗っています。
もうひとつの石が支えているように見えて
実は支えていない。
いったいどうやって乗せたのか。
弁慶がやったと言われていますが、どうでしょう。


遠野ふるさと村にある曲がり屋。

IMG_0492.jpg

茅葺屋根。
広い縁側。
すてき~。

IMG_0493.jpg

中にはオシラサマが飾ってありました。

IMG_0497.jpg

寒い遠野では、馬を家の中に入れて
一緒に飼っていたそうです。

オシラサマは馬と少女の悲恋物語。
ありえないと思うのですが、
その後、願いごとをかなえる神さまになっています。

あら、ほんとに馬がいたのでびっくりしました。

IMG_0503.jpg

昔を思わせる風景。

IMG_0508.jpg

IMG_0499.jpg

IMG_0501.jpg

IMG_0507.jpg

この風景には、洋服が似合いませんね。
着物を着たくなりました。

蚕の繭から糸をつむぐ様子。

IMG_0519.jpg

繭の糸がなくなり、中の蚕が見えていました。
やっぱり残酷だなと思います。

ひっつみ汁

IMG_0509.jpg

ここで食べたのは野菜がほとんどなく、
小麦粉を練ったものはうすく平べったいものでした。

汁が、ああ、添加物の味がしました。
悲しい。


けいらん、つまり鶏卵に見立てた
お菓子です。

IMG_0511.jpg

中に甘いあんこが入っています。

IMG_0513.jpg


がんづき

IMG_0520.jpg

黒糖の蒸しパン。
クルミとゴマが上にのっています。


やきもち

IMG_0522.jpg

半分に切って夫に渡そうとしたら、
中からピューッと汁が出てきました。

その正体は、甘いクルミじょうゆでした。
粘度が高いものが多いのに、ゆるくて出てしまうなんて
びっくりしました。


かっぱ淵

IMG_0533.jpg

かっぱが出るといわれる場所です。
遠野のかっぱは顔が赤いのだそうです。


かっぱの好物、きゅうりでかっぱをつろうとしています。
お茶目ですね。

IMG_0528.jpg


デンデラ野

IMG_0543.jpg

いわゆる姥捨て山です。

60歳になると、
昼間は村で働き、
夜になるとこの「あがり屋」で過ごして、
最期のときをを迎えます。

60歳って、まだ若いですよね。
厳しい時代だったんだなあと思います。


どぶろくソフト

IMG_0548.jpg

どぶろくがかかったソフトクリーム。
車の運転はNGだそうです。
ソフトクリームが甘すぎてつらかったです。



さあ、宿へ向かいます。
この日の宿は、秋田の強首(こわくび)温泉。

しかも、温泉郷から離れた築97年の豪農邸宅。
それが宿になっています。

これが門。

IMG_0553.jpg

登録有形文化財にも指定されている建物。
樹齢380年以上の樅の木。
16.3mという長大な一枚通しの天然秋田杉を使った廊下。
湯屋全体が総檜造りの贅沢な貸切露天風呂。
料理はモクズガニ川蟹料理贅沢プラン。

これが宿の入り口。

IMG_0555.jpg

敷地が広くて
そして何と言っても
この日は私達しか客がいなくて貸切り状態でした!
ヒュー♪ すごいラッキー。

IMG_0623.jpg

IMG_0624.jpg


IMG_0559.jpg

部屋の窓は開け放し状態。
気持ちいい風が入ってきます。
木がたくさんあるので、人眼は全く気になりません。
ここだけ異世界です。

IMG_0557.jpg

IMG_0560.jpg

桧の内風呂へ。
今日は2人だけなので、女湯を貸切り。

IMG_0610.jpg

IMG_0611.jpg

IMG_0612.jpg

源泉かけ流し。
温泉好きではありませんが、この良さは分かります。

IMG_0563.jpg

さあ、夕食会場へ。
だだっぴろい畳の間に、私たちだけ。

IMG_0586_20140829210712ddf.jpg

IMG_0591_201408292107134ac.jpg

IMG_0581_20140829210709518.jpg

IMG_0582_201408292107116d9.jpg

じゅんさい

IMG_0576.jpg

初めておいしいじゅんさいを頂きました。
もう一度食べたいと思うおいしさです。

鮭の麹漬

IMG_0574.jpg

生湯葉(1つ食べちゃった)

IMG_0578.jpg

大綱薇貝焼(ぜんまいかやき)

IMG_0572.jpg

鮎の塩焼き

IMG_0583.jpg

玉子豆腐 川がにあんかけ

IMG_0584.jpg

川がに 唐揚げ

IMG_0587.jpg

鯉 甘露煮

IMG_0574_201408292126000a2.jpg

川がに かにみそ甲羅焼

IMG_0573_20140829212645653.jpg

自家製蒟蒻

IMG_0577.jpg

ごはん(あきたこまち)と香の物

IMG_0594.jpg

川がにつみれ

IMG_0593.jpg

あろえ

IMG_0597.jpg

本当に心づくしのおいしいお料理を頂きました。
ああー、しあわせ。
心が入っているかどうかって、食べるとよく分かりますね。
見ただけでも分かることも多いですけど。

全部食べて、大満足。

IMG_0595.jpg

IMG_0596_20140829213226ecd.jpg

食休みをしてから、
庭にある露天風呂へ行きました。

IMG_0601_20140829213347fc6.jpg

IMG_0604.jpg

IMG_0603_201408292133491f9.jpg

IMG_0602_201408292133480b5.jpg

とっても気持ちいいですが、
長湯はできませんね。
なんかひりひりしてきました。

お風呂上りにどうぞと
ビールかリンゴジュースを用意してくれていました。

IMG_0606_201408292133519bc.jpg

ついビールを選んだ私ですが、
夫はリンゴジュースを。

そうです。このビールは痛風の素。
ここで寝くたばるわけにはいきません。

IMG_0607_2014082921335326f.jpg

部屋にテレビも時計もなく、
電化製品の変な音もなく、
ウマオイの声がよく響いていました。

虫の声を聞きながら眠りにつきました。



旅行1日目。

大宮駅から新幹線に乗り、岩手は盛岡へ。
盛岡の駅に着いたのは10時過ぎ。

IMG_0387.jpg

まだお昼の時間には早いので
駅前を散策しました。

北上川です。

IMG_0392.jpg

11時。
冷麺が食べられる店へ入りました。

IMG_0400.jpg

スイカに圧倒されましたが、
食べてびっくり。とってもおいしい!

私は別辛というのを注文したので、
キムチが別の皿で出てきました。
好きなだけ入れて食べます。
結局、汁以外は全部入れてしまいました。

いや~、この冷麺、おいしいです。
麺にコシがあって食感が良く、
スープもダシが効いていておいしい。
なのに無添加です。すばらしい!
ただ、キムチにはおそらく添加物が少々入っていたように思います。

最初から大満足。この旅はきっと幸先がいいでしょう。

盛岡市内を散策。

IMG_0405.jpg

IMG_0406.jpg

IMG_0409.jpg

IMG_0410.jpg

IMG_0426.jpg

IMG_0428.jpg

IMG_0441.jpg


こちらは盛岡正食普及会。

IMG_0412.jpg

この古めかしい建物。時代を感じさせますね。
この中に入ると、いつもよく見る自然食品がたくさん置いてありました。

買い求めたのは、ロシアビスケット。
くるみとレーズン入り(左)。それと、ゴマ入り(右)。

IMG_0711.jpg

無添加ですが、
粗製糖、卵、添加物の入らないマーガリン入り。
添加物の入らないマーガリンと、袋の裏に書いてありました。

ちなみに、家に帰ってから食べました。
かなり固いですが、味は良いですよ。
そりゃあ、卵も甘味料も入っていますから。

あと、盛岡の駅ビルで見つけた
無添加の南部せんべい。

IMG_0714.jpg

以前、かなり南部せんべいにはまって、
箱買いしていた時期がありました。
ある時から添加物が入ってしまい、
それ以来買わなくなってしまったのですが、
見つけました! 無添加の南部せんべい。

ピーナッツとゴマが一緒に入っています。
素朴な味です。

盛岡は駅前より、盛岡城跡の方が栄えていて
お店がたくさんあることが分かりました。
素敵な雑貨もあったし、気分は上々。

続いて、じゃじゃ麺を頂きます。

じゃじゃ麺発祥の店だけあって、
平日のランチタイムを外しても人が並んでいました。
ま、小さいお店なんですよ。

きたー。

IMG_0434.jpg

これをよーく混ぜて食べます。
あれあれ・・・。私はちょっと苦手な味。

少し残しておいて、卵を割り、
ちーたんたんというスープを入れてもらい、
またよーく混ぜて食べます。

IMG_0437.jpg

これはおいしい。卵スープです。
よかった。全部食べられました。

その後、腹ごなしにもう少し歩き回ってから
レンタカーで宿へ向かいます。
駅からは遠い、山の中にあります。
銀河高原ビールの工場に併設されているホテルなんです。

IMG_0473.jpg

部屋が広くて、おいしいビールが飲めるのが嬉しい。

お風呂は露天風呂がやっぱりいいですね。
もちろん温泉です。
お客さんはたくさんいましたが、
私がお風呂に入るタイミングはいつもよくて、
独りで満喫できました。

さあ、食事です。
ハーフバイキング。
前菜とローストビーフ以外は好きなものを取りに行きます。

IMG_0463.jpg

銀河高原ビールは
コーンスターチなどのまがいものを使っていない
わりとまともなビールです。
おいしかったですよ。

IMG_0466.jpg

岩手の郷土料理ひっつみ汁がありました。

IMG_0467.jpg

食事は添加物少なめで、意外とよかったです。

今回は健身球を持って行ったので
ふたりでまわしていました。

食後は消化が進みすぎるから
普段はやらないのですが、
このときは、早く消化してくれぇ~とばかり、
どんどんまわしました。

1日目はこれで終わりです。
2日目をお楽しみに♪

北海道3日目の朝。

からだが重い。だるい。
・・・仕方ありません。動物性のものをたくさん食べておりますので。

でもこの日で旅行は最後。
この旅行のハイライトである積丹半島の赤ばふん生ウニ丼。
これを食べずに終われません。
この時期だけのお楽しみなのです。

私は今までの人生で
ウニを食べておいしいと思ったことが一度もありません。
調べたら、関東で食べるウニはミョウバンに浸けてあるそうです。
塩水ウニはきっとおいしいに違いないと思って、
ウニを食べるためだけのために車を走らせました。

積丹ブルーというらしい青い海。

IMG_9640_convert_20140627172314.jpg

まあ青いけど、ウミよりウニ。

やっと着いたお目当てのお店で
注文した「赤ばふん生うに丼」3800円。

IMG_9634_convert_20140627172157_convert_20140630220921.jpg

うわあ~。ほんとにとろけます。
しかも甘い。

IMG_9636_convert_20140630223004.jpg

これはわざわざ来たかいがあったと思っていたら、
後ろにいた男性2人組が
「ウニ食いたいけど高いんだよね。俺、海鮮丼にする。」
と言っていました。
海鮮丼2200円。
うーむ、ここでお金を出さずにいつ出す?
信じられません。

ま、いいわ。
私はこんなにおいしいウニなら全然高いとは思いませんわ。
大満足して、また小樽へ戻りました。

本当は積丹半島をもう少し見ようと思っていたのですが、
前日、ほとんど小樽の街中を見られなかったので
やっぱり小樽へ戻り、散策することにしたのです。

IMG_9646_convert_20140627172403.jpg

やっぱり小樽に戻ってきてよかった。
異国情緒たっぷりで素敵な街。
夫も私も大好きになりました。

IMG_9659_convert_20140627172343.jpg

ガラス細工の店やオルゴールの店をまわって
気に入ったものを購入しました。

今回の楽ちんクッキングクラスにいらした方は
玄関の飾りをご覧になりましたよね。

子どもたちへも素敵なお土産が買えました。


最後から2番目のソフトクリーム。

IMG_9662_convert_20140627172519.jpg

たっぷり歩いて、たっぷり食べた3日間。
体には大変厳しい旅になりましたが、
私達にはとても素敵な、大切な旅行になりました。

もう当分、飛行機に乗らないだろうなあ
と思いながら、機内から撮った写真です。

IMG_9674_convert_20140627172549.jpg

動物性のものが入らなくても
無添加でおいしい外食が当たり前になれば
もっと旅行もしやすくなるでしょう。

そういう世の中になることを願って
北海道から戻ってきました。

旅行強化月間である6月。
おいしくて楽しいだけでなく、いろんな勉強をしました。
体験は本当に大事ですね。

この見聞と体験を
ちえ~るクッキングに活かせるといいなあと思っています。

北海道旅行の続きです。

2日目:札幌⇒旭山動物園⇒小樽

朝、レンタカーを借りて旭山動物園へ
約150キロ、およそ2時間のドライブ。

IMG_9571_convert_20140627171321_201406281005529e7.jpg

白樺の木。

IMG_9573_convert_20140627171349_20140628100553314.jpg

普通に日本の田舎。
北海道だから特別ということはありませんでした。

IMG_9575_convert_20140627171408_20140628100555349.jpg

大人気らしい旭山動物園へ行ってみました。
何が人気なのか知りたくて。

IMG_9526_convert_20140627171129.jpg

展示方法に工夫があったり、
詳しくて丁寧な表示があったりしましたが、
普通の動物園でした。

IMG_9544_convert_20140628100420.jpg

この日は暑くて動物たちがバテバテだったのもあるかもしれませんが、
上野動物園の方がいいような気がするよね
というのが夫と私の一致した意見です。

IMG_9530_convert_20140627171006.jpg

あまりの暑さにソフトクリームを食べました。
これがおいしくておいしくて・・・。
牛乳の味がしましたよ。

IMG_9550_convert_20140628100452.jpg

このあと、旅行中に3回もソフトクリームを食べました。
北海道のソフトクリームは余計なものが
ほとんど入っていないような気がします。


動物園をあとにして、旭川市内のスープカレーの店へ。
ここは無添加なのです。

私は野菜たっぷりカレー。甘口。
1日に必要な野菜350gが入っていると言っていました。
ちえ~るクッキングはもっと入っているんですが。

IMG_9566_convert_20140627171155.jpg

ご飯はMサイズ。

IMG_9565_convert_20140627171217.jpg

夫は鶏肉と野菜のカレー。大辛。
なあんだ。野菜は私のと同じ。

IMG_9567_convert_20140627171257.jpg

ご飯は大盛りLサイズ。
そして、魚のフライをトッピング。

IMG_9564_convert_20140627171235.jpg

・・・食べ進めても、なんだかおいしくない。
味がない。あれ? どうして?

持ち歩いている塩をかけようと思ったのですが、
席が狭くてカバンを置けずにわざわざ車に置きに行っていたのでした。
それをまた取りに行くのはおっくうなのであきらめました。

このカレーで重要なことが分かりました。
無添加で、手間暇かけてきちんと作られていても
動物性のものが入らないと美味しくないということです。
なぜなら、このカレーは動物性ありきで作っているものだから。
動物性のものが入って初めておいしくなるのです。
だから夫の鶏肉入りのカレーはおいしかったです。
辛すぎて私にはちょっとしか食べられませんでしたけどね。

ちえ~るクッキングは初めから動物性のものは全く入れずに
植物性だけで作っているので、同じベジでも全く違うものになります。

ああ、すごく残念でしたが、すごく勉強になりました。


そして、小樽へ。

街を早足で歩いて疲れちゃったところ。

IMG_9592_convert_20140627171450.jpg

早足で歩いて汗をかいたあとに
運河クルーズのボートに乗りました。

ボートから見た風景。

IMG_9596_convert_20140627171624.jpg

ちょうど日が落ちるころでした。

IMG_9597_convert_20140627171649.jpg

およそ40分のクルーズ。
船頭兼ガイドが外人で、流暢なんだけど意味が分からない日本語で
ずーーーっと説明してくれました。
まるでヒアリングの勉強をしているようで
言っていることを理解しようと一生懸命がんばりました。

IMG_9603_convert_20140627171716.jpg

これが仮面ライダー2号で
ショッカーのアジトとして使われた倉庫だそうです。
それを聞いた夫が大喜び。

IMG_9605_convert_20140627171737.jpg

そしたら今度は、
有名な人がコンサート会場に使っているという建物の説明に
藤井フミヤさんという名前が聞こえてきました。
え? まさか、ここで名前を聞くとは思っていなくて私が大喜び。

IMG_9608_convert_20140627171808.jpg

汗をかいたあと海風にあおられて
すっかり冷えてしまいました。

でもご飯を食べたら温まるだろうと
お寿司屋へ。

IMG_9609_convert_20140627171840.jpg

小樽ビール!

IMG_9610_convert_20140627171904.jpg

八角という魚の刺身。
2500円くらいしましたよ。

IMG_9612_convert_20140627171924.jpg

お寿司。超久しぶり~。

IMG_9613_convert_20140627171943.jpg

おいしかった!
特にホタテ。甘かったです。

本当にからだが温まりました。


そして、前夜見られなかった夜景を見ようと
天狗山ロープウェイに向かいました。

なんでも北海道3大夜景は
函館山、札幌の藻岩山、そして小樽の天狗山なんだそうです。

着いたらロープウェイは最終便。
頂上滞在時間は3分。
しかもまた雲がかかっていて良く見えません。ああーっ。

この写真はまたしても中腹からの夜景です。

IMG_9619_convert_20140627172122_20140629224708b95.jpg

小樽駅へ戻るバスも最終便でした。

ふらふらになりながらホテルに着き、
くたくたになった体を温泉で癒したのでした。


続きはまた。



昨日、北海道2泊3日の旅から帰ってきました。
とても楽しい3日間でした。

またしても食べるための旅。
食べたものを中心に書いていきますよ。



1日目:札幌

新千歳空港から札幌駅に到着。

IMG_9486_convert_20140627172853.jpg

まずは市場へいくらを食べに。
13時半をまわっていたのでタクシーで急行しました。

IMG_9436_convert_20140627165425.jpg

メロンやカニには目もくれずに
お目当てのお店へ。

タクシーの運転手さんのおススメの店とは違う店。
だって、私たちが行く店は、いくらが無添加なんだもの。
それを運転手さんに言ってみたけど、
「いやあ、どこでも使っていないんじゃないですかあ。」
という返事。いたって普通の人ですね。

お店に入ってメニューを見ても、無添加とは書いていない。
無添加しょう油漬けのいくらはどこ?
あ、別メニューでありました。
おおっぴらにはしたくないのでしょうか。
看板商品とサイトには書いてあったのに。


いくらとうに丼

IMG_9439_convert_20140627165512.jpg

いくらと紅サケ丼

IMG_9440_convert_20140627165530.jpg

いくらはうまかった~。
鮭節だしと利尻昆布だしの2種類があって、
利尻昆布だしの方がおいしいのでした。

うにと紅サケはまあまあの味。



食べるだけ食べたら、ゆっくりと電車で札幌へ戻ります。

地下鉄の駅表示。
13丁目とか28丁目とか、おもしろい。

IMG_9449_convert_20140627165608.jpg

札幌駅のそばにも路上駐車の自転車がいっぱい。

IMG_9452_convert_20140627170111.jpg

サッポロビールとキリンビール、そしてニッカウヰスキー。

IMG_9458_convert_20140627165657.jpg


さっぽろテレビ塔。
ここが札幌の中心。
碁盤の目のこの街は、ここがX軸、Y軸の中心になるんだそう。

IMG_9465_convert_20140627170241.jpg

テレビ塔から北へ2本、西へ2本。
それが、北2西2。なんと分かりやすい。
どこにいっても迷子になる私たちには親切な街。
でも、その中心がテレビ塔というのが、ノーテレビ推進派としては気にくわないけどね。

IMG_9475_convert_20140627170049.jpg



さて、札幌といえば、やっぱりラーメン。

無化調のラーメン屋は結構あるのです。
こちらは老舗のお店。

IMG_9461_convert_20140627165833.jpg

みそラーメンとしょう油ラーメンを注文しました。
しょう油ラーメンには伊達巻がはいっていました。

IMG_9460_convert_20140627165815.jpg

昔のラーメンの味を思い出したような気がします・・・。
とってもシンプルでおいしかったです。

あとから取材が来ていました。
その人達の分で今日の麺は終わり。
ラッキー。セーフでした。




時計台。
街中にありました。
どうということはないので、写真を撮って終わり。

IMG_9473_convert_20140627170027.jpg

北海道旧庁舎。
こちらは中に入って見て回りました。
開拓の様子、アイヌのこと、北方領土のことなどが分かるようになっています。

IMG_9485_convert_20140627170139.jpg

もう夕ご飯です。
ジン、ジン、ジンギスカーン。
スカーンとまずかったらどうしよう~。

あ、ビールはもちろん、サッポロクラシック。

IMG_9488_convert_20140627170306.jpg

まずいのではないかと思っていましたが、なんとおいしかった!
特にこの、オーストラリア産のラム肉。

IMG_9491_convert_20140627170328.jpg

こんな鍋で焼きます。
上にあるのは脂です。周りは玉ネギ。

IMG_9492_convert_20140627170357.jpg

塩ジンギスカンや味漬けジンギスカンも食べましたよ。

IMG_9493_convert_20140627170440.jpg

この店はタレに化学調味料を使っていないと謳っている店です。
試しに、「タレは無添加なんですか?」と聞いてみたところ、
「手作りしています。」という答えが返ってきました。

この会話のズレ。要するに、無添加ではないということですよね。
<化学調味料を一切使わず、無添加の料理にこだわっています!>
とサイトに書いてありましたけど・・・。
はい、外食は厳しいわ。


丁度いい季節なので、アスパラも焼きました。ついでにきのこも。

IMG_9494_convert_20140627170502.jpg

それと、北海道知床産 エゾシカも食べちゃいました。
あっさり、癖がない代わりに、味もない。そっけないお肉でした。

IMG_9495_convert_20140627170521.jpg

それにしても、外で飲むビールは全然酔いません。
ジョッキで飲んでも酔わない理由はなぜ?

私が考えるに、お店で薄めているのではないかと思っています。
ホントは瓶ビールを頼みたいとこだけど、置いてなかったりします。

でもまあ、ジンギスカンがおいしいということが分かってよかったです。
このお店、肉の質はよかったですよ。



さあ、夜はこれから♪

市電、送迎バス、ロープウェイ、モノレールと乗り継いで
藻岩山からの夜景を見に行きます。
ちなみに、これはモノレールです。

IMG_9500_convert_20140627170701.jpg

きれいな夜景でしょう?
でも残念ながら、これは中腹からの景色で、
頂上はガスがかかっていて、全く見えませんでした。

IMG_9506_convert_20140627170639.jpg

こんなきれいな夜景が広がっていたはず。
これは貼ってあったポスターなの。

IMG_9502_convert_20140627170800.jpg

帰りの市電。まるでネコバスみたい。
降りますのベルを鳴らしたくて、終点なのに鳴らしてしまったわ。
いい音なのよ。

IMG_9509_convert_20140627170732.jpg

夜景が見えなくてくやしいので、もう一丁。
今度は観覧車に乗りました。

IMG_9519_convert_20140627170904.jpg

そこから見た景色。
札幌は眠らない街。もう11時です。

IMG_9515_convert_20140627170931.jpg

夜はかなり冷えます。
札幌に来てまずびっくりしたのが、長袖の人が多いこと。
半袖は観光客くらいじゃないかしら。

持っていた上着が薄すぎて寒かったので、
現地で長袖を買いました。正解。
夫は半袖でノープロブレム。


長くなりそうなので、今日はここまでです。

2日目と3日目はまた後日にしますね。


明日から3日間は夏の楽ちんクッキングクラスです。

7品お伝えするうちの1品、カレービーラー。
こちらは、去年のクラスのときは
市販のカレー粉を使って作りましたが、
今年はスパイスをブレンドして作ります。

嬉しいことに、こちらの方がおいしくできあがりました!
ぜひ楽しみにしていてくださいね。

そうそう、いらしてすぐに召し上がって頂きますので、
どうぞお腹を減らしておいてくださいね。

お待ちしております♪



沖縄旅行3日目。

天気予報では沖縄本島は雨だけど
石垣島は曇りか晴れの予報。
ラッキー!

名護から那覇空港へ、レンタカーを返しに行く。
レンタカー屋の近くにあった遊歩道の変な像。
これもシーサーか?

IMG_9023_convert_20140613222506.jpg

空港で時間があったので腹ごしらえ。
といっても、朝食も摂っているんだけどね。

お決まりのビール。
オリオンビールではなくキリンビール。

IMG_9027_convert_20140613222538.jpg

タコライス

IMG_9029_convert_20140613222603.jpg

思いがけなく、これはおいしかった。
作れまーす。


那覇から石垣島まで飛行機で1時間。
結構離れているんですね。

到着。やっほー!

着いてすぐに車を借りて
島めぐりほぼ1周。

天気がよくて何よりでした。

IMG_9054_convert_20140613222805.jpg

ようやくイメージ通りのきれいな海と対面できました。

IMG_9066_convert_20140613222844.jpg

グラスボートという海の底がのぞけるボートに乗ります。
この青いさんご礁という名前のボートです。

IMG_9074_convert_20140613223036.jpg

一緒に乗船したおばちゃんたちが
松田聖子の「青い珊瑚礁」を歌っていました。
心のなかで歌ってよね、と思ったけれど、
おばちゃんたちが歌わなかったら、私が歌っていたかもしれない。
それほど心は解放的になっていました。

IMG_9081_convert_20140613223304.jpg

真ん中が筒状になっていて、ガラスの底から
海の中がよく見えました。

ほんとに水がきれい。
浅瀬にはニモ、じゃなくてクマノミとイソギンチャクがいました。
他にもシャコ貝や青いサンゴ、赤い海藻など
色とりどりの生き物たちがたくさん。

IMG_9079_convert_20140613223145.jpg

写真ではお伝えするのが難しいです。
実際に見ると本当に感動ものです。
海に潜らない私たちにはこれで充分でした。

それと、ドライブ途中で見かけた鳥。
ふたり同時に「ヤンバルクイナだー!」と叫んだものの、
その後2回も見たので、さすがにこれは違うでしょうと思い直し、
調べてみたら、「シロハラクイナ」という鳥でした。

images.jpg

ちなみにヤンバルクイナはこちら。

index_201406141325402cf.jpg

全然違うわね。
シロハラクイナの方がかわいい。


島をまわり、車を返して
空港から島の中心部へバスで移動しました。

もう暗くなっていたので、夕飯。
無添加を謳っている候補のお店が2軒あり、
1軒は満席だったので、空いていたもう1軒へ。

それが辺銀(ぺんぎん)食堂でした。

食べるラー油として有名になったお店なんですね。
沖縄行きを決めて調べてから初めて知りました。

有名店でもおいしくないとダメだぞ~と思いながら注文。
もちろんまずはビール。石垣島のビールです。

IMG_9098_convert_20140613223353.jpg

おまかせコースをお願いすることにしました。

1皿目。

IMG_9101_convert_20140613223421.jpg

彩りがきれい。
見た目でおいしそうな気配が漂います。
1つ1つの味が違っていて、手間を惜しまず作ってあるのが分かります。
ぐ~~~っど、ぐっど。べり~ぐっど!

泡盛。
1日目に居酒屋で飲んだものとは違う。
おいしい。

IMG_9102_convert_20140613223447.jpg

2皿目。
生臭いけれど、そう感じさせないおいしさがありました。

IMG_9104_convert_20140613223515.jpg

私は、黒糖ジンジャービール。
これがおいしくてお替りしました。

IMG_9105_convert_20140613223540.jpg

テーブルに置かれていた調味料。
左から、ラー油、黒酢、にんにく油。
すべて使ってみました。
黒酢以外はおいしい。きちんと手作りされています。

IMG_9107_convert_20140613223607.jpg

3皿目。

島豆腐です。
豆腐もこうやっていろんな食べ方をするとおもしろいですね。

IMG_9108_convert_20140613223629.jpg

おススメの飲み物は何かとオーナーに聞いたら
古酒がおススメと教えてくれました。
なんでも古酒を集めるのが好きらしい。

IMG_9109_convert_20140613223655.jpg

これは下から2番目の30年古酒。

IMG_9112_convert_20140613223739.jpg

サービスなのかな。豆腐ようを出してくれました。
これが超おいしい!
なんなの。1日目の居酒屋とは雲泥の差。

IMG_9116_convert_20140613223832.jpg

4皿目。

この店のウリの餃子3種。

IMG_9110_convert_20140613223716.jpg

皮と中味にそれぞれ加えてあるものが違います。
色は着色ではなく食材の色で出しています。
おいしかった。

5皿目。

IMG_9113_convert_20140613223805.jpg

クルマエビとグルクンの揚げ物。
さすがにしょう油をかけて食べました。
あ、いつもカバンに入れているマイしょう油ね。

またまた古酒。
これはメニューに載っていないものをいただきました。
1985年くらいのもので、利益なしで好きな人に飲んでもらっているらしい。
味は最高。夫が楽しんでいました。

IMG_9114_convert_20140614135337.jpg

これとともに出してくれたのが、
シャコ貝入りの豆腐よう。
超超超おいしかったー。

IMG_9122_convert_20140613223950.jpg

オーナーの辺銀さんと。
辺銀という名字なんだそうです。

IMG_9119_convert_20140613223921.jpg

6皿目。

IMG_9117_convert_20140613223856.jpg

調理の加減がちょうどいい。上手です。
キャベツのような白い野菜がおいしくて、おいしくて。
聞いたら「アダン」という沖縄の植物なんだそう。

7皿目。
じゃーじゃーすば。
ジャージャー麺をすば(沖縄そば)で。

私は中サイズ。

IMG_9124_convert_20140613224020.jpg

夫は大サイズ。

IMG_9125_convert_20140613224044.jpg

ラー油とにんにく油をたっぷりかけて
よく混ぜていただきました。

この麺はカンスイを使っていません。
ちなみに他の店の沖縄そばはカンスイ入りです。


デザート。

IMG_9126_convert_20140613224106_2014061414044637f.jpg

パッションフルーツのソースがかかった杏仁豆腐。
寒天なのにしっとりおいしい。
やん。甘すぎずクセになる。
砂糖漬けの人には分からないかもしれません。

最後まで楽しませてくれたお店でした。
無添加でここまでおいしいなんて本当に嬉しい。


さて最終日。
ホテルをあとにして、離島ターミナルへ向かいます。

途中こんなものが。
ご当地キャラ、ぱいーぐる。

IMG_9132_convert_20140613224136.jpg

ハイビスカスが生垣に。

IMG_9134_convert_20140613224159.jpg

桟橋にて。

IMG_9139_convert_20140613224310.jpg

10分で到着。近いわ。

IMG_9220_convert_20140613225238.jpg

ここはもう日本であって、日本でない。
竹富島です。

だって、街並みがまったく違うんです。

IMG_9192_convert_20140613224816.jpg

IMG_9166_convert_20140613224518.jpg

まずは水牛車に乗って観光しました。
この水牛はかしこいです。
自分で紐を首にかけて出発するし、
狭い路地を内輪差に気をつけて曲がるし、
説明する要所要所で止まるのよ。

IMG_9158_convert_20140613224422.jpg

そのあとはレンタサイクルでまわりました。
迷う、迷う。
同じような家並み。まるで石垣迷路。

IMG_9168_convert_20140613224547.jpg

ブーゲンビリアの前で。

IMG_9175_convert_20140613224715.jpg

IMG_9171_convert_20140613224628.jpg

暑かったので一休み。
曇りでよかったー。

IMG_9195_convert_20140613224841.jpg

マンゴーのかき氷。
絶対に着色料だよね。でも氷がおいしくて完食です。

IMG_9197_convert_20140613224906.jpg

続いてお昼ごはん。
お店の前にあったかわいいシーサー。

IMG_9201_convert_20140613224959.jpg

IMG_9202_convert_20140613225020.jpg

天丼。いたって普通。
ご飯が少なすぎ。

IMG_9203_convert_20140613225042.jpg

もずくを練りこんだそば。といっても蕎麦粉は入っていません。

IMG_9207_convert_20140614142603.jpg

お店の前で写真を撮っていると
店の人が出てきて忘れ物を渡してくれました。
追いかけて出てきた店の人がちょうど写っています。
帰ってきてから写真を見ていて爆笑しました。
ちなみに忘れたのは水のペットボトルでした。

IMG_9208_convert_20140613225107.jpg

また石垣迷路にはまり、迷う私たち。

石垣島には石垣はほとんどありませんでしたが、
竹富島には石垣ばかり。
何でも、島がサンゴでできていて、
30cmも掘ればこの石がゴロゴロ出てくるんだとか。
道も白いサンゴです。
きれいだけど、作物が育ちませんね。

IMG_9146_convert_20140614143441.jpg

IMG_9200_convert_20140614142647.jpg

また疲れたので一休み。

夫はアイスコーヒー。
石垣牛のハンバーガーを食べたいけれど
お腹がいっぱいで入らないとくやしがっていました。

IMG_9218_convert_20140613225217.jpg

IMG_9216_convert_20140613225135.jpg

私はマンゴープリン。
結構おいしかったです。

IMG_9217_convert_20140613225156.jpg

船で石垣島に戻りました。

IMG_9221_convert_20140614144130.jpg

そして、石垣島から東京へ直行便で帰ります。

この辺りは写真がありません。
あっというまに飛行機の感動も薄れてしまいました。

今回の旅ではいろんな乗り物に乗りました。
飛行機、モノレール、車、バス、タクシー、水牛車、自転車。
ただ1つ乗っていないのは、普通の電車です。


今まで沖縄は旅行先の候補としては全く考えたことがありませんでした。
その理由は3つです。
①マリンスポーツに興味がない
②沖縄戦の場所そのものだったこと
③今でも米軍基地があること

めずらしいことにクラスとクラスのあいだが6日間あることが分かり、
4日間の旅行ができるということで、急遽、沖縄行きを決めました。
5月31日に旅行の手配をして、6月9日から12日までの3泊。
予備知識が全くない中、なんとか満足した旅行になりました。

今回の旅行で全く見えず、行けなかった場所が米軍基地でした。
それは当然といえば当然ですが、
それを見せてくれたのが旅立つ前に読んだこの本です。

本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること―沖縄・米軍基地観光ガイド
(2011/06)
矢部 宏治

商品詳細を見る


図書館で借りましたが、
きちんと読み込んでいないので購入しました。
ぜひ日本人なら読んでおきたい、おススメの本です。

観光地としてだけでなく、今現在どんな状況なのかを
はっきりと教えてくれているのが沖縄だと思います。
そして、それは日本の真の姿でもあります。

今回の旅はとても有意義でした。

また、沖縄料理にインスパイアされた
ちえ~るクッキングの料理ができあがることを
どうぞ楽しみにしていてくださいね。




さて、明日からはスイーツクラスです。
おいしい檸檬ケーキを作ります。

檸檬ケーキ_convert_20140614163432

皆さまをお待ちしております♪



ただいま~♪
3泊4日の沖縄旧婚旅行から帰ってきました。

ほんとに楽しかったー!!

今日と明日は、楽しかった沖縄旅行を振り返って
食べもの中心に書いてみます。

食べたものについてのコメントは
夫と私の感想ですので、あしからずご了承くださいね。


20年ぶりの飛行機。興奮しちゃいました。
それも最初だけだったけれど。

IMG_8904_convert_20140613194437.jpg

雲の上は晴れていますが、梅雨ですから沖縄も。
1日目:雨
2日目:曇り、ときどき雨、ときどき晴れ
3日目:曇り、ときどき晴れ
4日目:曇り、ときどき晴れ

こうしてみると結構よかったのかも。
青い空は見えませんでしたが、暑過ぎずに観光を楽しめました。



1日目:那覇

IMG_8910_convert_20140613194523.jpg

ゆいレールというモノレールに乗り
まずは首里城へ。

IMG_8907_convert_20140613194502.jpg

雨の守礼の門。

IMG_8922_convert_20140613192622.jpg


その後、ホテルに荷物を置き、
国際通りをぶらぶら歩きました。

タコス3種類

IMG_8927_convert_20140613192711.jpg

味は全然でしたが、これ、作れます。
このお店よりずっとおいしく作れる自信アリ。

その後、雨がスコールのように降ってきて
服がびしょぬれになってしまいました。

行こうと思っていたお店が見つからず
近くにあった居酒屋風の店に飛び込みました。

店の前にいけすの水槽が並んでいたので
夫がそこに決めました。


沖縄のオリオンビールで乾杯!

IMG_8938_convert_20140613193137.jpg

海ぶどう

IMG_8933_convert_20140613192755.jpg

おいしかった!
でも、これは作れません。


グルクンの唐揚げ

IMG_8934_convert_20140613192840.jpg

特にどうということはないような・・・。
これは魚そのものなので、作れません。


オジサンの刺身

IMG_8936_convert_20140613193047.jpg

顔がオジサンみたいだから
という理由でつけられたらしい。


もずくの天ぷら

IMG_8937_convert_20140613193113.jpg

まあまあ。



豆腐よう

IMG_8943_convert_20140613193303.jpg

島豆腐を米麹、紅麹、泡盛によって発酵・熟成させた発酵食品。
これ、おいしくなくてがっかりしたのですが、
3日目に食べたものは超おいしかったのです。
詳しくは3日目に。


あぐー(沖縄の豚)のトントロ焼き

IMG_8949_convert_20140613193451.jpg

ふつーの豚肉でした。



どぅるてん

IMG_8945_convert_20140613202432.jpg

田芋を蒸して、潰して、豚肉や野菜などと一緒にして油で揚げたもの。
うーん。期待外れでした。


ミミガー

IMG_8944_convert_20140613193327.jpg

豚の耳をピーナッツ味噌で和えた珍味。


ふーちゃんぷるー

IMG_8935_convert_20140613221010.jpg

おお! これ、おいしかった!
やっぱりお麩はすごいわね。
ただ、お麩に卵液をひたしているんだけどね。

これ、作れます!
卵は使わないけれど、作れます。



イカ墨焼きそば

IMG_8950_convert_20140613202404.jpg

添加物の味が・・・。ああ・・・。


石焼きタコライス

IMG_8952_convert_20140613193521.jpg

観光客をなめてるなという味。
居酒屋だから仕方ないか。


この店では島唄の三線ライブがありました。

IMG_8942_convert_20140613193203.jpg

ノリノリのお客さん。ステキ。

IMG_8948_convert_20140613193233.jpg

スコールを浴びながらの帰り道。
傘はあったんですよ。でも、服も靴もびしょぬれ。

ホテルに着き、
コインランドリーを使う羽目になりました。
それだけでなく、ドライヤーで靴を乾かしましたし、
さらにズボンプレッサーも使いました。

そんなことも旅の楽しい思い出。


IMG_8958_convert_20140613193546.jpg

今回の荷物はこれだけ。
空港で手荷物が出てくるのを待たなくてすむのでラクです。




2日目:名護

那覇から北上して名護へ。
レンタカーを借りてのドライブです。

まず寄ったのが、A&W(アメリカのファーストフード)。
うわさのルートビアを飲んでみた。

IMG_8974_convert_20140613193624.jpg

うわあ~。薬臭い変な味。さらにすごく甘い。
何口か飲んでみたけれど、どうしてもダメで残しました。

ちえ~るコーラの方が断然おいしい!
そうそう、あのクラスに出られた方、
そろそろいい季節なので、コーラを作ってみてくださいね。


ガイドブックに載っていた沖縄そばの店で昼食をとりました。

ソーキそば

IMG_8991_convert_20140613193729.jpg

ソーキとは豚のスペアリブを甘辛く煮たもの。
いかにも肉!って感じですごいと思ったけど・・・。


てびちそば

IMG_8990_convert_20140613193708.jpg

こちらのがすごいわ。
豚足だもの。
やわらかくておいしいけれど、
食べた直後からお腹がどーんと苦しかったの。

両方とも味はまあまあおいしいけれど、
とにかく豚肉なので、これは作れません。
というか、作りたくありませんので、食べたい方は本物をどうぞ。



じゅうしい

IMG_8992_convert_20140613193755.jpg

沖縄風炊き込みごはん。

これはおいしいかと期待していましたが、さほどでもなくがっかり。
この店を含めて3回食べましたけど、どれもいまひとつでした。


ドライブ途中で見たお店。
アメリ感☆アメリ館

IMG_8976_convert_20140613215423.jpg

ヤシの木が続く道。

IMG_8979_convert_20140613215449.jpg


さて、美ら海水族館です。
今回の旅行で夫が一番楽しみにしていたという
場所です。

IMG_8998_convert_20140613193829.jpg

圧巻だったのが、ジンベイザメの立ち泳ぎ。

IMG_9011_convert_20140613194002.jpg

エサを食べる時にだけ、このように垂直になるのだそうです。


水族館の敷地内からちょこっと海へ出られました。

IMG_9014_convert_20140613214431.jpg

ハイビスカスと一緒に。

IMG_9019_convert_20140613214511.jpg


この日の夕食は
メニューがたくさんある琉球料理のお店に行ったのですが、
あろうことか、カメラを忘れてしまいました。

海ぶどう
ナーベーラー(ヘチマ)ちゃんぷる
刺身
カニ汁
ジーマーミー豆腐(ピーナッツ豆腐)
など。

たくさんあるから、もっと食べようと画策していたのに、
なんと!お腹がいっぱいになって
箸がストップしてしまいました。

ああ、残念。
もっと食べたかったのになあ。

この店は家庭料理のようで
変に添加物も使っていませんでした。

ナーベーラーちゃんぷるがおいしかったです。
でも、ヘチマだからなあ。同じものは作りません。


2日目はここまでです。

明日は、3日目と4日目について書きます。
石垣島に飛びますよー。

お楽しみに♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。