上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これからの季節、
お肌がカサカサになって困るわー
という方、いらっしゃいませんか?

そんな方に
究極の方法を伝授致します。

心の準備はいいですかぁー?


それは、洗わないことです。

はい、カンターン!

ずっこけないでくださいね。

大真面目な話です。

もう何年も前のことですが
冬になると手がカサカサになって
嫌だなと思っていたのです。

ふと思い立って
その日から、できるだけ
手を洗うのをやめてみました。

外から帰ってきたら手を洗いましょう。
世間ではよく言われています。
・・・そんなの、やめてみました。

トイレのあとに手を洗いましょう。
・・・こんなのも、やめてみました。

ごはんの前に手を洗いましょう。
・・・無視です。
それどころか、料理の前も洗うのをやめてみました。

すると、どうでしょう。

しっとりすべすべ。
何にも塗らなくたって
ちょうどいい水分量と油分量が
手全体に行き渡っているのです。

ワンダフォー!!

それ以来、もう何年も
できるかぎり手を洗うことをやめています。

何か付いたり、気になったときは洗いますよ。
でも、できるだけただの水で洗っています。

石鹸はブブー。
お湯もブッブー。

だから、お皿洗いもできるだけ、
ただの水です!

真冬のちめたーい水はさすがにつらいので
ぬるま湯で洗います。
でも、熱いお湯は避けます。

自分の手を守るために。



もちろん、手だけで終わりません。

顔も洗いません。

ものすごく調子がいいですよ。
油っぽくなることもないですし、
カサカサすることもないです。

見た目では分からないでしょうが
自分ではほんとーにちょうど良い感じなのです。


あ、言っておきますが
このことは食事とセットです。

肉や魚を食べている方が真似をしたら
どうなるかは分かりません。

ヘンな動物性の脂を採っていないから
できることなんです。


ちなみに、髪の毛も
できるかぎり洗わない
というのを、現在やっています。

無理せずに楽しみながらやるのがコツです。

実験だと思って
どうかな? おお、そうかー!
と楽しむのがいいのです。

つらかったら別にやめてもいいわけですから。

ときどき、
湯シャンにすると髪がべたつくんですと
相談を受けることがありますが、

大事なのはね、悩まないこと。

上手くいけばオッケー。
別にどっちでもいいさ。
そう思って実験してみることです。

この姿勢は人生にも言えることです。
悩まない。
これ、大事だと思うんだよね。

心配なことはあるけれど
だからといって
悩んでも仕方ないので悩みません。

悩まないと決めると
人生がラクになりますよ~。

おすすめです。




スイートポテトパイ

スイートポテトパイ

パイ生地が昨日より
おいしくできて嬉しい!!

サックサクです♪

中のスイートポテトも
普通のとはちょっと違っていて
いい感じ。

おいしくて
あとを引いちゃうなあ~。







スポンサーサイト
秋は長いですね。

昔は、秋って短いと思っていましたが
最近では春と秋が長く感じられます。

そうです。
毒出しのシーズンだからです。

夫は徐々に良くなってきているものの
まだ歩けません。
早く歩けるようになりたいと
小さな子供のようなことを言っています。

今回の毒出しは
おそらく10年くらい前に溜めこんだ毒を
痛風発作という形で、体が放出しているようです。

10年前といえば
玄米と蒸し野菜を半年続けたものの
そのあと、食事をどうしていいか分からず
さまよっていた時期です。

半年間の苦行から解放され
食欲の大暴走が起こっていました。

自然食のバイキングに行って
馬のように山のような量を食べていたのが
いつからか、ただのバイキングにすり替わりました。
体によくないと分かっていながらも
胃がパンパンになるまで食べないと
気が済まないということを繰り返しました。

このころの毒ですね。

ということは、
私のなかにもたっぷりと溜まっています。
後生大事に抱えている下っ腹のお肉の中に
入っているのでしょう。

これを出すとなると
痛風発作までいかなくとも
かなり苦しむことになりそうなので
まだ抱えておきたいと思います。

夫は、ベッドの上で苦しみながらも
また新しいキャラを考案したそうなので
会員の皆さま、どうぞ楽しみにしていてくださいね。
寝ててもただでは起きません。

そうそう、会員の部屋は全部読んで頂けましたか。
元気になったら、また記事を増やしていくそうですので
今のうちに熟読しておいてくださいね。

読んで損はさせません。
生き方を説いていることはお分かりかと思います。




アップルパイ

アップルパイ

画像はいまひとつですが
アップルパイ~♪

おいしくできました。





おかずベーシッククラスのご感想を
頂きました。


今回は2種類のどんぶり!
どんな味なのか、楽しみにしていました。

吉○家の牛丼は
十数年前に食べたきりで味を覚えてなく、
比較しようがないのですが、
ぐ~丼のしっかりと味のついた具が
ごはんにぴったり合っていて、
しかも、具の汁とごはんが絡み合った味が
牛丼を思わせる美味しさ!!
いつもながら、素晴らしい再現力ですね!

キャベどんは、雑穀入りのマリネが斬新な感じで、
見た目は洋風な感じの丼ですが、
味は和のテイストも入っていて、美味しかったです。

昨日の夜に今夜の夕食で食べようと、
早速、ぐ~丼を作りました。
今夜、食べるのが楽しみです!

次回のクラスも楽しみにしています。
ありがとうございました。


夫が「ぐ~丼いつ習うの?」と、
とても楽しみにしていました。
(たまにお店の牛丼は食べているみたい・・・)

お店の牛丼ってとっても甘いから、
お砂糖がたっぷり入っているだろうし、
値段も安いから、素材も心配でした。

ぐ~丼はお砂糖もみりんも一切なし!
でも甘くて美味しい。
素材から十分甘さが出るんですね。

キャベどんは1つで野菜も雑穀も
たっぷり摂ることができて良いですね。

実はお教室に通う前、
キャベツを買うとなかなか使いきれず、
いつまでも冷蔵庫にある・・
なんてことが多かったのですが、
最近はキャベツの消費が早くなりました。

キャベツレシピが増え、
さらに買う機会が多くなりそうです。

講義も大変勉強になりました。
ご飯抜きダイエットとかいろいろあるけど、
「やっぱり日本人はご飯だよね。」と、
おれらのわさびふりかけをかけて
ご飯を食べる私と娘でした。


日曜日のクラスに参加しました。

『ちえ~る秋のご飯まつり』
(『ヤ○ザ○春のパンまつり』的な)っていうくらい
テーブル一面に並んだ飯、飯、そしてまた飯…
丼が16個並ぶと圧巻ですね。

『ぐー丼』は、たまねぎの存在感がはんぱなく、
しゃきしゃきの食感とタレが絡み合い
檜原村の力強い紅しょうがと合わせると
吉野さんちのそれと似た素敵なお味になります。

『キャベどん』(これは「カネゴン」と同じ発音だそうです)は、
ご飯の上に、まさかの穀類。

これは関西人が焼きそばをおかずにして
ご飯を食べる以上の禁じ手。

しかしこのひえマリネが結果的に
食欲を増す決め手になるわけです。

これだけでもお腹にずっしりなのですが
今日のちえ~るは容赦しません。

これに加えて『イナせなポテト君』なる
可愛い少年を装った刺客を放ち、
シメのデザートは、なんと『バナナパンケーキ』。

挙句のブログでは
「こんなに食べても太らないなんて嬉しい限りですね。」
で締めくくっています。

ここまでくると
「会員さん以外の良い子のみんなはマネをしないでね」
と注意せねばなりません。
あくまでもちえ~るだからなせるのでしょうね。

個人的にはブログの写真の
2枚目~4枚目が気に入りました。
教室のアットホームな雰囲気を
参加者が若干のカメラ目線を交えて
お伝えしている瞬間を見事にとらえていますね。

笑って、話して、食べて…また食べて。
こころも体も元気になります。
ごちそうさまでした。
 


どうもありがとうございます。

ちえ~る秋のご飯まつり、いいですね。
夫はまさに、秋の毒出しまつり、真っ最中ですが。

秋だけでなく、春、夏、秋、冬・・・。
1年中、ごはんまつりをしようではありませんか。

ごはん食べて、またごはん。
次もまた、ごはん食べて、またごはん。

これを繰り返していれば
病気知らず。心も体も健康!

昔の日本では当たり前の話でしたね。

元気でいる秘訣は、肉を食べること、ではありません。
ごはんを食べること。これです。

さあ、今日もおいしいごはんを食べましょう♪




私が思う、本来の妊娠と出産について
書いています。

昨日は妊娠について書いたので
今日は出産について書きますね。

妊娠が分かったら
どんな出産がしたいか
どこで産みたいかということを考えなくてはなりません。

一番いいなと思うのは自宅出産です。
これはずっと憧れていました。

自分の家なら落ち着いて産めそうだし、
産気づいてから産院に向かうのって
結構大変だけど、それがなくっていい。

ただし、この場合は
自分が産むんだという意思を持っている人に
限られます。
人に何とかしてーと頼りたい人は無理でしょう。

また、家族が
産後の面倒を看られるような状態にないと
難しいと思います。

出産してすぐに動けるのは外国人。
日本人はそんなに強くありません。
昔から産後の肥立ちを大事にしてきました。

実際、初産だと子育ても初めてなので
母乳をあげたりオムツを取り換えたりすることに夢中で
他のことができません。

上に小さい子がいるときは、
その子の面倒も看てもらう必要があります。



こういったことを考えると
次にいいなと思うのは助産院です。

アットホームなところが多いし、
産後の面倒は食事だけでなく
母乳のことまで教えてくれます。

何より、日本の産科では当たり前になっている
剃毛、導尿、浣腸、会陰切開、陣痛促進剤が
ありません。

私が助産院を選んだのは
これらの行為が絶対にイヤだったからです。

母体や赤ちゃんのためというよりは
病院側の都合によるものがほとんどです。

陣痛促進剤は
産まれる時刻を病院側の都合に合わせるためです。
出産は夜から明け方になることが多いので
夜間の診療は避けたいのでしょう。

会陰切開についても
助産師さんはきちんと心得ていて
会陰が裂けないように上手に誘導してくれます。
お湯でぬらしたガーゼを当ててくれて
とても気持ちよかったのを覚えています。

そして何より、
助産院は食事もきちんとしていることが多いです。
肉、魚、乳製品、果物、砂糖などはまず出ません。
母乳が出なくなることをよく知っているからです。

ご家族が助産院を反対する場合は
何かあったときには病院と提携していることを
伝えるといいでしょう。

私がお世話になった助産院は
そこで産んだ人たちの声を集めた本を作りました。
うちの夫が書いた文章も載ったんですよ。

1人目は病院で、2人目は助産院で産んだ人は
結構たくさんいたように記憶していますが
やっといい出産ができたと書いています。

そう、助産院は人間らしいお産ができるところです。
なかなかその存在自体があまり知られていませんが
これから出産したいと思っている方には
本当におすすめです。

また、お子さんをお持ちの方は
そのお子さんにも伝えて頂けますようお願いします。

本来なら
親が子に、妊娠や出産のことを伝えるものです。
途切れてしまったものは仕方ありませんが
知っているのならきちんと伝えましょう。
一緒に調べてみるというのもいいかもしれません。

他にも妊娠と出産に関わることで
細かいことはありますが

とりあえず、病院出産が当たり前ではないことを
心に留めて頂けると嬉しいです。




うそ煮込みうどん

うそ煮込みうどん3

温かいうどんがおいしい季節になりました。

これは名古屋のみそ煮込みうどんを
モデルにしています。
といっても、実は食べたことがないんです。

きっとこんなのに違いない。
でもうそでしょう。
ということで、名前は、うそ煮込みうどん。

ですが、味も食材も本物中の本物です。

私の大好きな味です。
「お母さんはこれ好きだよね」
と、作っている時に娘が言っていましたが

食べている最中から
「これ、すごくおいしいね。
いいね、これ。」
と何度も言っていたのは娘の方です。

また食べたいな。
来月のおかずベーシッククラスで
お伝えするのが楽しみです。






嬉しいメールを頂きましたのでご紹介します。


毎日のブログ、楽しみにしています。

大木さん、どうぞお大事に。

このまえ、寺前・お前を作りました。
無農薬のゴボウがあり、
賞味期限ぎりぎりのアマランサス、、、、
封をきってだいぶたったマカロニ、、、、、

これはまさに寺前びより、ということで!!!
つくりました。

日にちをたつごとに味が増して、
とってもとっても楽しみました。

教室で習ったときは「?????」な感じでしたが、
やっぱりおいしい!

今日はパンにちえ~るバターを塗って、
そこに挟んでいただいたら
また違うお味になり、ぐーーーーー!でした。

今度のカフェメニュークラスを楽しみにしています。


どうもありがとうございます。

クラスのご感想ももちろんとてもありがたいのですが
こんな風に、ずい分経ってから
作っておいしかったですと言って頂けるのも
本当に嬉しいのです。

私もまた、寺前・お前が食べたくなっちゃうもの。
あの味つけ、具材の取り合わせ、何かとっても好きです。

これこれ!

寺前・お前


この方のように
教室で習ったときは「?????」な感じ
ということはありませんか?

人は、初めて食べたものは認識できずに
「?」となることがあるのです。

2回目に食べると今度はよく分かると思いますので
クラスで食べて「これは作らない」と決めるのは
早計かと思います。

何しろ、ちえ~るの味は世界にない味です。
何回も作って食べて、それからしみ込んでいくことも
あるのではないかと思います。

あ、あと
できれば避けたいことなのですが
クラスで作ったときに本来の味にならないことが
たまにあります。

材料の関係、作り手のエネルギーなど
いろんな場合があります。

また、ちえ~るをはじめたばかりの頃は
味覚がきちんとしていないこともあります。

そんなこんなで、1度で決めつけずに
ぜひ必ずご自宅で2回以上は
作って頂けますと嬉しいです。

前人未踏の味領域に踏み込んでいる
と思って、探検するようなお気持ちで
味わってくださいませ。

きっと、わくわくすると思いますよ♪

私が思う、本来の妊娠と出産について
書いてみたいと思います。

まず、妊娠ですが
生理がきちんとある間は産めます。

時間があるなら
体を整えてから妊娠を迎えられるといいですね。

不妊治療はおすすめしません。
それよりきちんと食事を整えることです。
体ができていないと赤ちゃんはやってきません。

生理不順、生理が重い人は
妊娠を考えていなくても(お相手がいなくても)
早いうちに食事を切り替えましょう。
子宮や卵巣に何か抱えている人も同じです。

年齢的なことで焦りがある人は
できるかぎり日々の食事をちえ~るにし、
外食は回数を減らし、お店を選ぶことです。

また、男性側もからだを整える必要があります。
食事はもちろんのこと、
煙草を吸っていたり、
まがい物の酒を常飲している場合は
何としてもやめて頂きましょう。
からだによいお酒はありますから
こちらに切り替えて頂きます。

加えて、最低限の家事は
ご主人に教えておきましょうね。
特に料理は必須です。
ごはんとみそ汁くらいは1人で作れるように
その辺りは奥さんがうまく持って行って
やってもらうことです。

出産後、しばらくは体を動かせません。
親にお願いすることも多いですが
一番良いのはご主人にやってもらうことです。
その方が、その後の子育て期間においても
プラスになることが多いです。

育休がとれるような環境のご主人なら
自宅出産も夢ではありません。
ぜひご主人の力に頼りましょう。

妊娠中は
自分の体(といっても、本当は赤ちゃん)のことを
真っ先に考えましょう。

でも、安静にしすぎるのはどうかと思います。
からだを動かして家事をし、
1日1日を大切に過ごします。

もし、変なものが食べたくなったら
ご相談ください。
ヤバいものでしたら、欲するままに食べるのはよくありません。

以上、妊娠についてでした。

長くなりますので
出産についてはまた明日にでも書きますね。



野菜のバターソースがけ

野菜のバターソースがけ

野菜においしいバターソースをかけて
オーブンで焼きました。

バターソースはちえ~るらしい味です。
しっかりしていて
ごはんのおかずになります。



明太子風クリームパスタ

明太子風クリームパスタ2

初期のメニューです。

やっぱりおいしい。
何度食べてもおいしい。

野菜は入っていないので
とても簡単に作れます。

おすすめ!



昨日のクラスの方に頂いた
ご感想を紹介いたします。


雅仁さんがいらっしゃらず、
ちょっとさびしいちえ~るクッキングハウス。

でもお料理はいつもどおり、
とても美味しくできました♡

キホン野菜だけなのに、
かんたんなのに、
なんでこんなにおいしいの・・・?
「おいしくな~れ」という 
皆のパワーが入っているからかな?^^

とにもかくにも、大満足のひと品で
秋冬のヘビロテメニュー決定です。

あっさり味のスープも、
コーンの甘味がおいしい副菜も、好みでした。

カトーチャンショコラは、これも絶品で 
いつか習いたいメニュー。
まったりしたチョコケーキが食べたくなる冬・・・。
ぜひ登場おねがいします!



ドリーミードリアは、ほんとクリーミーで
これからの季節にピッタリの美味しいドリアでした。

豆乳を使わずに、このクリーミーさが出るとは凄いです!
しかも、いつもの野菜を切って、簡単に作れる。
ちえ~るだから、凄くて当たり前ですね!!

カトーチャン・ショコラも、
市販のガトー・ショコラより美味しかったです。

しかも、心も満足、お腹もいっぱいになる
エネルギーの詰まったケーキでした。
このカトーチャン・ショコラも、いつか習えると嬉しいです。

食後の話も、いつもながら、勉強になりました。
正しい事実を知るということは、
とても大切なことだな~と改めて感じました。
知らないということは、とても怖い。

頭を使って、正しい情報や知識を得ることを
これからも大事にしていきたいと思います。
ありがとうございました。


どうもありがとうございます。

夫の症状はまだ長引きそうです。
ご心配くださり、ありがとうございます。

旅行や外食で同じものを食べていても
毒出しの症状がない私。
(あ、口内炎ができてます。噛んじゃったあとです)

出ない分、ため込んでいると思うと
恐ろしいです。

二人で気をつけないといかんですね。




チエリーフライ

チエリーフライ

お料理合宿のときに作ったメニューです。

これはやっぱりおいしい。
うちの子どもたちも喜びました。

万人受けするというか
お子ちゃまメニューという感じですね。

お子ちゃまメニューが大好きな大人は
結構たくさんいますよ。

お隣には前日のヤキソマンの残りが。
麺がほぼなくなって
野菜炒めとして残りました。
それでも充分おいしいですよ。





昨日、夫と話していて

本来の平熱は
37℃か38℃。

ということを聞きました。

えっ?
37℃というのはまだ分かるけど
38℃?
それって発熱しているんじゃ・・・。

いや、それくらいが平熱なんだよ。

ふーん。
そういえば、もう熱なんて何年も測っていない。
体温計はまだあったっけ。
もうダメになっているかも。

と思いながら探してみたら
ありました。

そして、久しぶりに測ってみたのです。

36.8℃。

体温計を使っていた頃は
36.4℃くらいが平熱だったから
少しは上がったけど、
でも37℃になっていない。

試しに調べてみましたた。
昔の水銀体温計に赤い線があったでしょ。
37℃のところに。
私は勝手にそれ以上は熱がある
という意味かと思っていましたが、
実はあの赤い線が平熱という意味のようでした。

その平熱ラインに達していない。
まだまだだな、私も。

そう思っていたのですが、
今日また測ってみました。

37.4℃。

おおっ!
37℃を超えました。

昔なら熱がある~と思って
倒れていた温度です。

いえ、全然元気です。

面白いので
ときどき熱を測ってみようと思います。

現在は低体温の人が増えていますよね。
私が教員だった頃も
子どもでも35℃台の子がたくさんいました。

体温が低いと免疫力が下がり
病気になりやすくなります。

体温を上げるためには
毎日の食事を良いものに変えることが
何より重要です。

ちえ~るを食べながら
果物ばかり食べたり
牛乳や豆乳を飲んだり
なんていうのはNGですよ。

すぐには変化がでませんが
継続しますと必ず良い方向へ変化します。

地道に続けましょうね。



で、夫の平熱は、というと・・・。

実は今、発熱中でして
痛風の症状が出て寝込んでいます。

悪いものはまったく食べていませんよ。

ただ、秋の毒だしシーズン真っ盛りのようで
しばらく前から
抜歯したあとが痛んだり
膝の裏にアトピーが出たり
からだのいろんなところから
毒が出ていました。

痛風の症状である足の腫れも
少し前に出たものの収まったので
今回も大丈夫かと思っていたら
いえいえ、まっかっかに腫れ上がり
熱も出て寝込んでしまいました。

こうなってしまうと
もとの体調に戻るまで
1週間から2週間はかかります。

明日とあさってのクラスの皆さまには
ご迷惑をおかけしてしまいます。
申し訳ありません。

送迎は私がしますので
どうぞよろしくお願い致します。

明日とあさっては
おかずレギュラークラス!

マダムカキフライのドリーミードリア
を作ります。

3月のちえカフェでお出ししたメニューで
とてもやさしく虜になる味です。

お待ちしております♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。