上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すでに会員さんにはお知らせしておりますが、
アゼルバイジャン料理クラスを開催します。


アゼルバイジャンは、コーカサス地方に位置する旧ソビエト連邦の共和制国家。
首都はバクーです。

103_00_01.jpg

アゼルバイジャン共和国として独立したのは1991年8月30日です。
それまではソ連の一部でした。

歴史的にはたいへん古く、
紀元前後にあったカフカス・アルバニア王国が
アゼルバイジャンの原型だと思われます。

紆余曲折を経てロシア帝国に組み込まれたあと、
民族意識が高まり1918年、アゼルバイジャン民主共和国を作りましたが、
すぐにイギリス軍によって占領され、
後にソビエト連邦に組み込まれてしまったのです。

料理は、イランとトルコの影響を受けています。
イスラム教徒が多いのですが、アルコールもよく飲まれていて、
ワインがおいしいそうです。

以上、アゼルバイジャンミニ知識でした。

で、私はもちろんアゼルバイジャンに行ったこともなければ
日本にあるアゼルバイジャン料理店で食事をしたこともありません。

でも、これはきっとアゼルバイジャンの味。
と決めつけて、開催します! アゼルバイジャン料理クラス。


アゼルバイジャン料理クラス

11月3日(祝・月)
    4日(火) 残1

3種類もお伝えしちゃう本当に特別な特別クラスです。
どれもこれもおいしいですよ♪


ジャックのインディペンデンス・シチュー

ジャックのインディペンデンス・シチュー(アゼルバイジャン風)

インディペンデンス、つまり独立です。
いいですねー。憧れますね。

よく見ていただくとお分かりでしょうが、
このシチュー、ゴボウが入っています。
やー、これがおいしいのです。
ちえ~るクッキング独特ですね。

そして、このシチューは大量にできるので
翌日はパスタにして食べてもおいしいです。

ジャックのインディペンデンスシチューパスタ

このスープがたまらなくおいしい!
ああ、また食べたいと思えるおいしさです。


アゼルバイジャン・サラダ

アゼルバイジャン・サラダ

なんとなく肉っぽくて、食べ応えのあるサラダです。
これをおかずにごはんを食べられそう。
お肉が好きな方に受けると思いますよ。


バクーのスープ

バクーのスープ

異国の味のスープです。
アゼルバイジャン風なのですが、わかめが入っています。

ユニークなちえ~るクッキングのアゼルバイジャン料理。
ぜひ一緒に作って味わってください。

お申し込みをお待ちしております♪



昨日いただいたメールをご紹介します。
ご自分のお誕生日に高野鶏丼を作られたそうです。

夕食はこの前教えていただいた高野鶏丼を
息子と一緒に作りました。
息子も全部食べてくれました!
残りは明日のお弁当にする予定!
何日食べても飽きないですね!
見た目はどう見ても鶏なので、これから食べる旦那はビックリするだろうなぁ。

いただいたチョコもちびりちびり食べています。
なくなっちゃうのがもったいない(>_<)
本当に毎回驚かされるメニューです!
ありがとうございます(^ー^)


どうもありがとうございます。

肉じゃないけど、味が深い高野鶏丼。
息子さんがおいしく食べてくれてよかったですね。

お誕生月だったので、
先日いらしたときにスイーツをプレゼントしました。
ちえ~るチョコが入ったタルトです。

大事に召し上がっているようですね。
このチョコは、他のものより日持ちがします。
冷蔵庫の臭いがうつらなければ、結構持ちます。
そんなとこもチョコっぽいですね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。