上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のブログに
真剣に生きるということを書きましたが

なかなか真剣になれない人が多いのです。

たとえ、病気を体に持っていても
食が変えられない方はごまんといます。

みんなそうだから、仕方がないよねー。
できそうなところだけやっていきましょ。
という方は、恐らく助からないでしょう。

何度かこのブログでも書いているように
今の世の中はどんな人でも必ず(もれなく)
病気⇒苦しんで亡くなる
というコースに乗っかっています。

そのコースから降りるためには
ゆるいことをしていたのではだめなんです。

食を変えるなら、きっちりと変える。
そして、続ける。

これができれば病気コースからは逃れられるのですが
いやいや、できない人が多いのです。

それでもできない方は仕方ありません。
本人の意思ですから。

厳しいですか?
いえ、分かっていることを伝えているのですから
親切だと思います。

それに、おいしくないものを食べなさいとは言っていません。
ちえ~るクッキングは、現代食よりずっとおいしいですよ。
本物の舌感覚になれば本心からそう思えます。

特に、お子さんがいる方やこれから出産をされる方は
一刻も早く切り替えられた方がよいでしょう。

毎日毒を盛っているのが現代食です。
食を切り替えても、その毒を出すのには時間がかかります。

毎日の食をちえ~るクッキングでまかなえるように
ちえ~るのメニューを次から次へと生み出しているのです。

どんどんクラスを受講して
新しいメニューのレシピを仕入れてくださいね。


新しいサイトに載せる文章をまたご紹介します。


<ちえ~るクッキングハウスを始めた理由>

私は21年間、小学校の教員をしてきました。
子どもたちの将来を思い、必要な知恵を授けてきたつもりですが、
何かが違うとずっと心にひっかかっていました。
自分自身の食を変え、考え方が変わることで育っていった思いがあります。
命をつないで人生を生きるために本当に必要なことは、
まず食を正すことだという思いです。

そんな矢先、あの3.11の大地震が起こりました。
私が恐れたのは、原発による放射能です。
この先の日本はどうなるのだろう?
私たちは生きのびることができるのだろうか?
そう本気で心配しました。
もう教員の仕事どころではなくなり、
命の危険から逃れるために、一時期家族で避難しました。
身寄りのない西日本で1週間ほど点々とさまよっていたのですが、
外食続きで体がきつくなり、埼玉の自宅へ戻ってきました。

本当の食べ物を食べて体をつくること。
これが最優先であることがよく分かったのです。
そして、広島や長崎の原爆を浴びながらも、
食べ物を正すことで原爆症にならずに人生を全うされた方がいるということを知り、
やはり「食」だ。
食を正すこと。

これより重要なことが今の日本に他にない、という思いを強めました。

本当の食べ物によってつくられた本当の体は、
体に害のあるものを排出します。
間違った食べ物を食べると、体そのものの組成が悪くなり、
放射能どころかちょっとした病原菌にもやられてしまいます。

私達が生きのびるためには、
本当の食べ物を食べて、本当の体をつくること以外にありえません。
今こそ、本当の食を日本中の人に知って欲しい。
本当の食を伝えたい! 
そんな思いから、教員を辞めて料理教室を開く決心をしました。

こんな熱い思いを胸に抱きつつ、
本当の食は体に合っていておいしいということ。
そして、料理は楽しく、心が満たされる行為だということ。
このことを料理教室でお伝えしたいと心に期して今に至ります。



手遅れになる前に、食を変えましょう。

病名がついていないだけで、病気予備軍の方もたくさんいます。





サイゴンのトロトロごはん

サイゴンのトロトロごはん

とろっとしていて、ちょっぴりスパイシー。
ごはんが進む丼です。

パクチーと一緒に食べると幸せな味。



パクチャンポテト

パクちゃんポテト

パクチーがちゃんと入ったポテト。
ポテトの中にも上にもパクチー。
これはたまりません。




ニッポニワ・ビーフン

ニッポニワ・ビーフン

和風のビーフンです。

なんでだか、食べ始めたら止まらないのです。
食べ始めより、食べ進めてからの方がおいしくてたまらない。

ちえ~るにはこの手のものが結構ありますが
このビーフンも同じです。

お腹は苦しいんだけど食べたい。
という思いが味わえますよ。



トママヨマイタケ

トママヨマイタケ

トマトとマヨマヨ味のマイタケなんですが
長ネギをたっぷり使っているので、メインはネギの味。

ごはんのお供に、お酒のアテによいですよ。



夫はやはり痛風発作が出ています。

私は、食を変えたことで、体の毒を出して元気になりましたが、
夫の体は私や他の人と違ってかなり特殊です。
慈悲の心で身代わり地蔵になる運命を持っています。(本人談)

人の毒を受けたことがきっかけになり
今は自分の毒出しに移行してしまいました。

季節が春ということも関係しています。
それと、夫の吸い取る力や感度が以前より増したようです。

もう気軽に人の体にさわれません。
現代人はこういうとナンですが、毒まみれです。
浮気もできませんね。

夫の手当てや指圧を受けた方は
今後、よほどのことがない限り、良い方向へ向かうそうです。

おそらくご本人はよくお分かりでないと思いますが
かなり強い毒を引き受けました。

どうぞきちんと食を変え、
今後はご自分の力でからだを良くしていってくださいませ。

夫の発作がこれ以上広がらずに、
収束してくれることを祈るばかりです。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。