上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は夫の講演会でした。

「言葉の力」 
~太古からの魔力を秘めた贈り物~


レジュメより

<はじめに>
1 力のある言葉
2 言葉の正しい使い方
3 心話で話す
4 書き言葉は危険がいっぱい
<終わりに>


写真はレジュメをお配りしたところです。

IMG_5664.jpg


内容は盛りだくさんで深い話でした。

真剣に聴いてくださった皆さん、ありがとうございます。


IMG_5666.jpg

IMG_5671.jpg


お楽しみのランチタイム。
盛り付けや配膳を皆さんにお願い致しました。

IMG_5674.jpg

IMG_5676.jpg


今日のランチはこちらです。

IMG_5677.jpg

ベトナム風みそうどん
パクちゃんポテト
マハラジャドリーム(ふりかけ)
五穀ごはん
ナッツパラダ~イス(アイス)

IMG_5681.jpg

うどんとごはんでお腹がいっぱいになりました。

その間も、皆さんからの質問に答えて
夫はずっと話を続けています。


定刻を過ぎて、こちらは第2部です。

IMG_5682.jpg

今日は3回に分けて皆さんが帰られたので、
第3部までありました。


「言葉の力」については
本当はもっとたくさんお伝えしたいことがあるそうです。


皆さんに書いて頂いたご感想を紹介いたします。


お料理教室での居残りでも、深いお話を聞く機会がありましたが
予め決まったテーマで最初から最後までお話を聞くというのは
初めてで大変勉強になりました。

普段何気なく日常で使う身近すぎるものだけに
扱いにはより一層の注意が必要だということ、
自分が発した言葉がその瞬間に存在するものになるということ、
肝に銘じたいと思います。
普段、子どもたちに接する態度から反省して
子どもにもウソをつかせる場面のないようにしたいと思います。
ありがとうございました。


今日はありがとうございました。
言葉の使い方の重要性を具体的に教えて頂いて
すごく良く理解できたように今はそう思えております。
察し能力のない私にとっては分かりやすかったです。

ウソをつかない生き方ーそのように生きたいとずっと思っておりましたが、
よくよく考えると反省する点も、思い当たること多々ありました。
どう表現するか、訓練なのかと思いました。
メールでの伝え方もすごく参考になりました。
充分気を付けていこうと思いました。


普段、当たり前に使っている言葉に秘められた力を
きちんと学ぶことが出来てよかったです。
相手の心に言葉を届けるために必要なことを
日常生活の中で訓練しながら身に着けていきたいと思います。
そして、人との良きコミュニケーションのツールとして
言葉を正しく使えるようにしていきたいと思います。
今回も貴重な講演をありがとうございました。


今日も身につまされる話の内容でした。
昼食もたいへん美味しかったです。
体言一致、これが一番自分が楽に生きられると思います。
思いが沢山ありすぎてまだ文章に表現できません。
これからもう少し自分を客観的に見て、
ありのままの自分を表現できるよう訓練したいと思います。
又、もっと明るく希望のある言葉を使い
自分の生き方をそのような方向に
言葉の力によって向けて行けたらと思います。
(これらは自分の思いのほんの一部です。)


普段何気なく使っている言葉に、深い意味があること、
また強い力があるということを知ることができました。
今、仕事を始めて、改善してほしいこと、自分の希望を
受け入れてほしいことを伝えるのに、不満や批判を口に出していましたが、
あまり言うものではないんだなと反省しました。

良い言葉と悪い言葉は、今までたくさんの人と関わってきたなかで
確かに心地良さや不快感を感じてみたり、またこういう風に言われると
嬉しいから自分もこういう風に声をかけよう、などと学んできました。
今もまさにそのような環境にいて、すごく勉強になっています。
今日のお話を聞いて、そのためにこんな環境にいるのかなあと思いました。
今日はとても為になるお話とおいしいランチをありがとうございました。



自分自身、言葉を使うことに苦手意識を持っており、
改めて今回、「言葉」が持つ意味について考えました。
ふだん無意識に発してしまっている事もありますが、
これからは人に喜んでもらえる言葉を
心から伝えられるようになりたいと思います。
大木さんご自身の体験の話は、とてもわかりやすかったです。


料理教室の時に、時々うかがっている話もありましたが、
まとめてうかがい、とても心にひびく内容でした。
耳に痛いこともありました。
いかに日頃から言葉を適当に使っていたか気づかされました。
思い切って参加してよかったです。

(以下の文章は、帰宅後にメールで頂きました)

なにげなく放った一言、自分で人を傷つけようと
思っていたわけでないけれど、結果として友を傷つけ
失った友情を思い出しました。

私も痛かったけれど、それ以上にわたしの一言が
大事な人を傷つけてしまった。
そんな体験、絶対繰り返すまいと思いつつ、
またやってしまった。

今日の話は、耳に痛かったです。
痛い気持ちを味わいながら、帰途につきました。

このテーマ、具体的に掘り下げていく価値があると思います。

痛い体験をそのままにしないで、これからどういう言葉を発していくか、
真剣に考えていきたいです。


相手に言葉を届けるというのは贈り物である
という言葉に感動しました。
言葉は本当に大切で深い意味があり、
生きているすべてに影響をおよぼすことがわかり、
グチは言わずにネタにできるくらい
大きな心の持ち主になりたいと思いました。

文章や言葉使いがヘタだけど、
自分らしく使っていけば良いのかなって
心が楽になりました。
大切なお話を沢山していただき、ありがとうございました。



言葉の力、すてきなお話をありがとうございました。
言葉は「包丁」よくわかりました。
良くも悪くも自分しだいだということですね。

ぐち、悪口は気を付けて言わないようにしていますが
批判、非難は言ってしまっている・・・と気付きました。
それが悪いとは思っていなかったので、さらに気を付けて
「光の言葉、温かい言葉」だけ口にしていこうと思います。

書き言葉では、「ありがとう」乱発・・・まさしく自分。
ひとつひとつの言葉を大事にしていきます。



皆さん、どうもありがとうございました。

今日のお話から少しでも
良い方向へ進んでいけますように。
私もがんばります。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。