上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夫と私が食の大切さに気付いて
食事を変えたのは、私が36歳のときです。

それから11年。

紆余曲折はありましたが、
ずーっと
素材、調味料から気を付けて
家で作り続けています。

良いからだづくりは
良い物を継続して食べ続けること。

3年、7年、10年、・・・。
食べ続けないとからだは変わりません。

ちえ~るを食べているのに
からだの調子が良くない・・・。

そういう人は、他のものも食べていませんか?

普段は現代食を食べていて
たまにちえ~るを食べたからOK
ということはないのです。

昔の毒より今の毒の方が
はるかに毒性が強いです。

今、外のものを食べている人は
早くに止めた方がいいでしょう。


できれば1カ月、いえ2週間、うーん1週間でも
とりあえず
ちえ~るクッキングのメニューだけを食べてみてください。

ちえ~るだけですよ。
なんちゃって自然食もなしですからね。

やってみて。
他のものはいっさい体に入れずに。

ご家族が食べてても、ですよ。
職場でチョコをもらっても。
頂きもののおいしいお菓子があっても。

それ、ぜ~んぶ、毒です。

ご家族がどうこうではなく
まずご自分から始めてください。

自分ができていないのに、他人に言えません。

一生懸命に続けていると、
人のことなどに口をはさむ余裕はなくなります。

そして、自分が本当にできたころには、
他人は勝手に変わります。


私は全然つらくなかったです。

あとから思えば、夫の病気のためだったので
夫だけ食事を変えて、子どもと私は現代食
ということもできたはず。
でも、そんなことは全く思いつきませんでした。

知ったからには即、実践です。

調味料は全部取り換えました。
鍋も蒸し器も計量スプーンもフープロも
必要なものはすぐに揃えました。

料理はヘタでしたが毎日作りました。
おかずだけでなくスイーツも毎日。

必死で夢中で・・・
でもこれが楽しかったのです。

料理って楽しいと思えました。
手作りって豊かだなと感じました。

お金はかかりましたが
夫を失うことの方がよっぽど怖かったのです。

夢中になって作っていたら
夫の症状は出なくなりました。

嬉しいことに
子どもたちの体も変わりました。

私の冷え性も治りました。

いいことづくめ!

家族の誰かに病気があるということは
他の人も良い状態ではないということです。

同じものを食べているのなら。

だから、まずは自分が変わりましょう。
家族はそれにつられておいおい変化していきます。
時間はかかりますよ。何年もね。

でも、いい変化ならいいじゃないですか。

我が家は
健康を取り戻しただけでなく
家族の絆も深くなりました。

さらには
家族全員に
真実を見る目ができました。

こどもが学校に行かなくなって
私も学校を辞めて
料理教室を始められたのも
一連の自然な流れなのです。

ほんと、いいことづくめ!!

だから皆さんにもおススメしたいのです。

食の大切さに気づいたら、そこがスタート地点です。
残りの人生は継続して良いものを食べ続けましょう。



ポテコンロール

ポテコンロール

じゃがいもとコーンを春巻に詰めています。
何もかけずに食べられるよう
しっかりおいしい味をつけてあるんです。

じゃがいも好きの息子は
大喜びでたくさん食べました。

娘は
「食べれば食べるほど、はまる味~♪」
と言いながらお替りしていました。



黒子のドレッシング

黒子のドレッシング

黒いドレッシング。
ちょっとドキっとするかしら。

味は意外にあっさりめ。
いつものように飲めるドレッシングですね。



柚子の国のねぎみそ

柚子の国のねぎみそ

ねぎの青い部分をねぎみそにしました。
柚子味がいい感じ。

娘が気にいっていました。



明日の丼

明日の丼

あしたのどん
と読んでください。

たくさんの野菜が入った丼です。
明日への活力になりますよ。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。