上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日に引き続き、
ちえ~るクッキングをどう日常の食卓に採り入れていくか
おおよその目安を挙げてみます。


③厚手の鍋、計量スプーン、計量カップを揃える

必需品です。
代用が効かないものばかりですので
迷わずに購入しましょう。

鍋は小・中・大それぞれ必要です。
価格は高いですがそれだけの価値があります。

一度には無理でしたら
まずは小鍋を購入しましょう。
実際に使ってその良さを実感すると
他のサイズの鍋も欲しくなることでしょう。

家電は使えるもので安いもの、
でも、鍋は高くて質の良いものが断然いい。
家電は数年で壊れますが
鍋は一生ものです。

計量スプーンは安価なので
数をたくさん揃えておいた方が
料理のスピードがアップします。
こういうところをケチらないことです。



④野菜と米の入手先を決める

無農薬、無肥料の自然栽培、
あるいは有機栽培のお野菜とお米。

これは欠かせませんね。

うちがおススメするお野菜やお米の宅配が
ありますので、気になる方は
いらしたときにお尋ねくださいね。

スーパーの野菜とはまるで違うお値段ですが
充分その価値はあります。

皮をむかずにまるごと食べる調理法だからこそ
農薬の有無にはこだわってください。
肥料についても同じです。
信頼できるところから購入するのが一番です。

こういう買い物にシフトすると
スーパーには用がないので行かなくなります。

決して値段比べはしないこと。
私は値段を見て買うということをほとんどしていません。

安い方がおかしいのです。
有機や自然栽培のお野菜は決して高くありません。
自分で野菜を作ったことのある方ならそう思うはず。
経験がないのなら、
どうやってお野菜が作られているか
一度きちんと知っておいた方がいいでしょう。

農薬を使わないと収量が少なくなるのです。
もちろん手間ひまもかかります。
それを知ると、逆に安いと感じるくらいです。

肉や魚、乳製品、
本当は必要がないのに買っていた
〇〇の素などを買わなくなれば、
その分、本当に必要な
お米と雑穀、お野菜、そして調味料などが充分買えます。

トータルで見ると、決して食費が上がることはありません。




⑤とにかくちえ~るクッキングハウスに通う

こういうことを書くと宣伝しているようで
自分ではいやなものですが、
とにかく通って頂かないと話になりません。

ちえ~るのメニューは
他のどこかで知ることはできませんし、
その味はここでしか味わうことはできません。

すべてのクラスを受講する勢いで
ぜひいらしてください。

もちろん、定刻以降もお残り下さいね。
食事のことももちろんですし、
他のいろいろな知恵をお話しております。

熱心に通い続けて、
家でもしっかりちえ~るを作り続けて
本当に軌道に乗るのには3年はかかるでしょう。

それでも食が崩れ始めたらあっという間に
現代食に戻ってしまいます。

モチベーションを保つために
定期的にいらしてくださいね。


以上、ちえ~るクッキング事始め
その方法について書いてみました。

すでに病気があるという方は
一刻も早く現代食をすべてやめて
ちえ~るに切り替えてくださいね。

今、病名がつくようなものがなくても安心はできません。

ぜひ真剣に、夢中になって
ちえ~るクッキングに取り組んで頂きたいと思います。



楽ちんクッキングクラスのご感想を頂きましたので
ご紹介いたします。


時間のやりくりが下手で、ドタバタしがちな自分にとって
また、嬉しいレシピが増えました。

特にナスジャンは帰宅後に作り、ご飯が進みました。

シャーベットも頭で考えると難しそうですが、
実際に緒に作ってみると、すぐできるものですね。
材料もこれだけ!?とびっくりしました。

ふりかけも夏にピッタリのお味ですし、
トマト煮込みはたくさんつくって、熱くして冷たくして…
と長く楽しめそうです。

ドレッシング、スープもすぐ出来て、
美味しくてとっても嬉しいです。

赤胴さんは、新しい冷や奴の味で
爽やかだけどコクがあり、紅しょうがもいいアクセントでした。
どんぶりご飯にかけて食べでもいいですね!

すべてこの夏大活躍しそうです。ありがとうございました!

美味しくて食べ過ぎてしまったせいか、
食後のお話でまぶたが重かったのが不覚です。。

クラスの中で!?と一番思ったのが、
ちえ~る家では、お味噌汁と五穀ご飯とおかず一品で
食卓オッケー(デザート付きかもしれませんが)ということでした。

あれも作ってこれも作って…品数足りないかな、
など考えることが多かったので、
あ、こういうスタイルでいいんだ、と安心しました。

次のクラスもよろしくお願いします。


どうもありがとうございます。

我が家の食卓は、
さぞ華やかなのだろうと
皆さん思いがちなのかしら。

いえいえ、
いたってシンプルです。

どんな食卓なのか
明日のブログでお伝えしますね。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。