上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、お料理のモチベーションUPのための
メンタル的なことについて
今日は書いてみたいと思います。


まずは、

①作りたい、食べたいものを作る

主婦雑誌に載っているようなしっかり者の奥さん的には
一週間の献立を考えて無駄のないように料理するのが
いいとされていますが・・・

昔、現代食の頃にやってみたことがありますが
私には無理でした。

先の献立をあらかじめ考えておくと
全然違うものが食べたくなるという性分でした。

まあ、そんなことなく
予定通りのものでOKという方は
計画的に献立を考えてもいいとは思います。

ただ、人は生き物ですので
毎日違う気分、違う体調、それにその日の気温によっても
食べたいものが違います。

その日に食べたいものを作る
というのがやはりいいんじゃないかと思います。

うちに通われている方で
毎日の通勤にレシピを持って行き
電車の中で眺めながら、その日の献立を決めている
という方がいらっしゃいます。

冷蔵庫にないものを買い足して帰り
すぐに作るわけです。

これなら作りたいものをムダなく作れるし
献立を考える時間が通勤時間でできてしまうので
スムーズにお料理できるのでしょうね。

ちえ~るのレシピ作りも大抵は
「どんなものが食べたいか」
から始まります。



②あれこれ考え過ぎずに動いてみる

頭でっかちさん、また、無精な方に多いのですが
                ↑
              私はこっち
この料理を作るとなると、
あの鍋を使ってああしてこうして・・・
うーん、面倒くさいなあ・・・
で、結局作るのをやめてしまう
なんてことが起こります。

こういう方はまず、キッチンに立ち
冷蔵庫を開けるとか、鍋を出すとか
なんでもよいので
アクションを起こしましょう。

それをしてから、料理のためのイメージを
膨らませた方がよいようです。

もちろん、料理の手順を頭に入れて
完成形をイメージするのは
とても大事なことです。

ただ、これを前向きに行うのと
後ろ向きに面倒に思いながら行うのとでは
まるでテンションが変わってくるということです。

実際、手が込んでいると思っていたお料理も
作ってみればそうでもなかったり、
時間のかかる工程も意外に楽しかったり
ということがあります。

とにかく動いてみて。
行動から始めるのもいいものですよ。



②キッチンで好きな音楽を聴きながら料理をする


これは、私がいつもしている方法です。

私はフミヤが好きなので、いつもフミヤ。
でも、そばに夫がいるときは嫌がられるので
昭和の懐メロを聴いています。

小さくて移動させやすいCDデッキと
お気に入りのCDは
キッチンにいつも置いてあります。



③時間を気にし過ぎない

昔の私は、お料理するときに
時間をとても気にしていました。

子どもが小さかった頃です。
勤め先から帰ってきて
すぐにお風呂に入って、ごはんを作って
9時には寝かせなくちゃと思っていました。

あれ、8時だったかな。
忘れましたが、気持ちがいつも急いていました。

子どもへの影響もよくないですね。
今ならよく分かるのですが。

一方、その枠を外している今は
時間を気にすることがなくなりました。

いつも時間はたっぷりある。
そう思って作っています。
そういう心のゆとりがないと
おいしいものは生まれません。

おかげで、夕飯が9時、10時、11時となることも。
まあ、だからといって、どうこうすることはありません。

食を重要だと思っているか否かにも関わってくると思います。

どうしても調理の時間がそんなにとれないのなら
前日にできるところまでしておくとか
朝のうちにある程度作っておくとか
工夫してみましょう。

実際に
夕飯後に翌日食べるメニューを作っている
という方もいらっしゃいます。

また、一週間同じものを食べると決めて
休みの日に作って冷蔵庫に鍋ごと入れている
という方もいらっしゃいます。

頭と時間は使いよう。
本気で作ろうと思えば作れます。

家での食事はすべてちえ~るにする
と決めれば、そうする手立てを
頭は自然と考えつくものです。



そして、最後は

④おいしいものを作りたい、この気持ちを強く持つこと

行きつくところは、やはりココです。

自分のために、家族のために
私の手からおいしいものを生み出す
という気持ちでお料理してみてください。

食べるもので体が作られ
命が養われるのですから
人の生活のなかで1番大事にしたいのが
食事だと思います。

食材と調味料
火のエネルギー
水のエネルギー
風のエネルギー
作り手のエネルギー
すべてが込められた一品であれば

ものすごくエネルギーの高い
おいしい一皿になるでしょう。

この一皿で充分。

そういえる一皿を作りましょう。



以上、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

世間一般の周りの人とは
まったく違う食生活をしているので
それに引きずられないように気をつけて下さいね。

いつも心のなかに火を燃やし続けているような状態かしら。
火を絶やさないために、薪というエネルギーを
くべ続ける必要があります。

ちえ~るクッキングハウスにいらっしゃれば
同じ価値観、同じ食をしている人と出会えます。
その時間を大切にしてくださいね。

うちにいらっしゃることで
良くない方向に傾いていた食生活を
リセットできます
とおっしゃられる方がたくさんいらっしゃいます。

リセットが効くうちにいらしてくださいね。





玉ネギおばさんの薬膳スープ

玉ネギおばさんの薬膳スープ

玉ネギおばさんが薬膳だと思うスープなので
なぜかケッパーが入っていたりします。

でも、おいしい。

とろみがあるので優しい。
ごはんを入れて食べてもおいしい。




まほろばドレッシング

まほろばドレッシング

玉ネギのみじん切りとアマランサスがメインの
ドレッシングです。

生野菜にかけてたくさん食べたい。

ちえ~るではよくあることですが
ドレッシングだけでも飲めます。




楼蘭の夏

楼蘭の夏2

昨年の夏に作った冷製パスタです。

ひえのソースが甘めでおいしく
野菜を炒めた具と合わさると
えもいわれぬおいしさになります。

夏が巡ってきて、また食べられる幸せを
感じることができました。




比叡鶏

比叡鶏

以前作った高野鶏に対抗して
こちらは比叡鶏です。

なんといってもこの黒いソースが絶品!

肉じゃないのにガッツリと食べた気になる
ボリューミーな一皿です。


IMG_6537.jpg

これが1人前の夕食です。

一汁一菜でも
これはちょっと豪華すぎますね。



さて、明日は待ちに待ったスイーツクラス!
ビッコ!ビッコ!ビッコ!

驚くほどビス〇に似ていまーす。
悪いけど、味ははるかに上をいっています。

どうぞお楽しみに♪

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。