上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりにハンバーガーを開発しました。

うちの家族は
高きびを使ったハンバーグが
好きではないのですが、
ハンバーガーのパテとして上手に作ったら
「おいし~い♪」と
むさぼるように食べました。


デカルトバーガー

デカルトバーガー

高きびとしいたけで
どんなメニューができるか・・・
と、真剣に考えました。

真剣に悩む
  ↓
哲学的に考える
  ↓
哲学といえばデカルト

ということで、デカルトバーガーになりました。


食べる時は
いかに上手に食べるかということに
専念してお召し上がりください。

しいたけは、上のソースに使っています。
和風ではありますが、
でもおそらく、想像するような和風味ではありません。

なんといっても、これはちえ~る独特の味です。

高きびは固くもなく穀物っぽくもなく
とてもいい感じにパテになりきっています。

書いていたら、また食べたくなってきました。
おいしくて夢中になるハンバーガーです。




愛と青春のナスたち

愛と青春のナスたち

ナスとパクチーを使ったパスタです。

すっごくおいしいんだけど
ナスがまだ旬ではなく若い味なのが
ちと残念なんです。

まだ若いナスたちへ
ということで、愛と青春のナスたち
と名づけました。

映画「愛と青春の旅立ち」をご存知ですか。
私は若いころに見て、嫌いになりました。
どんな内容かは忘れましたが、
男性に幸せにしてもらうという発想が
私は好きになれません。

二人で一緒に幸せになる
というのなら大賛成ですが、
幸せというのは、誰かにしてもらうことではなく
自分で自分を満たすもの
という考えをすっごく若いころから持っていました。

この考えは今も変わっていません。
この映画がそういう内容だったかどうか
今となっては定かではありませんので
もしかしたら違っているかもしれません。

ということで(?)
ちょっとせつない感じのパスタです。

ナスが旬を迎えるころには
このパスタの味もぐ~んと上がっているでしょう。



夫の講演会CDができあがりましたので
その内容について、夫の言葉でお知らせしたいと思います。


「本当の衣食住」 ~生活を生きるとは~

image1.jpg


衣食住とは、私たちが生きていく上で、
どうしても切ることのできないものの一つです。

なぜなら、衣食住とは「生活」そのものであり、
それを支えるために私たちは、日々、お金を稼いでいます。

でも、その生活を維持するための努力が、
もしも偽物のために行われているものだとしたら?

偽物の食事は人に病をもたらします。
では、偽物の衣服や住まいは、どんな影響を人に及ぼすのでしょうか?

残念なことに、
私たちは「本当の衣食住がどういうものであるのか」なんて、
普段、考えもしないで生きています。

丁寧に生きるということ

丁寧に暮らすということ

そうするために必要なことは、
本当を知り、本物の生活のためにお金をかけることです。

偽物のために無駄にお金を使わされるのは、
人生の空費なのです。

一度、心を真っ白にリセットして、ご聴講ください。





「言葉の力」 ~太古からの魔力を秘めた贈り物~

image2.jpg


そんなつもりはないのに、
うっかり発した言葉で人を傷つけてしまったり、
自分の意図とは違う風に誤解されてしまったり。

うまく思いを伝えることができない。
そんなもどかしさを感じている人は、
きっと大勢いらっしゃることと思います。

そして、そういう方の多くが発している言葉が次のようなものです。

「冷蔵庫に作ったものがあるから、買ってこないで食べてね」
「牛乳は体に良くないから飲まないでね」

なぜこういった言葉がうまく相手に届かないのか。
では、どうしたら自分の真意を伝えることができるのか?

講演会では、具体的な例を挙げて、
言葉の本当の使い方をレクチャーしています。

それから、人間関係で悩んでいる方、必聴です。
人との関係でうまくいっていない方には、
必ず陥っている言葉の罠があり、
その対処法についても、
私の体験談を交えてわかりやすく解説しています。

職場にいる嫌な人を、自分の味方につけてしまう。
そんなことだってできるのです。

今までの人生で、
一度も言葉で失敗をした体験がないという人は、
恐らく一人もいないでしょう。

言葉が持っている力をきちんと理解し、
どのような言葉を相手に届ければいいのかを、
この機会にぜひ学んで頂けたらと思います。



以上、夫からでした。

人間関係のお悩みで相談される方は多いです。
この講演をぜひ聴いていただきたいと思います。

ていねいにきちんと説明していますので
納得して腑に落ちて、自分が何をしたらよいのか
見えてくると思います。

また、
ご主人やお子さんとのやりとりが
強い言葉の応酬になってしまうという方、
私の気持ちを全然分かってくれないとお嘆きの方、
そういう方にも最適な内容です。

料理をするにあたって
包丁の使い方は練習が必要ですよね。

それと同じように
言葉についても練習が必要なんです。

体験から得てきた夫の話を聴いて頂き、
人との関係をすてきなものに変えていただきたいと思います。


会員さん限定で、各2000円で販売しています。
クラスにいらしたときにお買い求めください。
また、お取り置きもしておりますのでご連絡くださいね。


別件で、本日、会員さん宛てに
特別クラスについてのメールをお送りしました。
もし届いていない方がいらしたらご連絡ください。

お申し込みをお待ちしております♪

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。