上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も暑いですね。

夏メニューを思いっきり楽しめる
貴重な暑さでございます。

昨日頂いたメールに、

そういえば、この夏は、素麺や蕎麦が登場してません。
暑い日も、ちえ~るのラーメン食べて汗かいてました(笑)

というのがありました。

すばらしすぎる!!

暑くて火を使った料理なんてしたくないー
       ↓
すぐにできる素麺&冷や麦だあー

という方が多いであろうと
勝手な予測をしておりましたが

こういう方もいらしたなんて嬉しい!!

ちなみに、うちも
ただの素麺、ただの冷や麦はないですよ。

先日のブログに載せたように
具とスープが盛りだくさんの素麺を作ります。
さらに、ごはんも食べる。

こんな風に食べれば、元気もりもりです!

ただ・・・
最近は、チラシ巡業(置かせてくださいとお店をまわる)を
しているので、お腹がきついですぅ・・・。

IMG_7403.jpg

飲食店では
結構、ガッツリと頂いています。

IMG_7412.jpg

このお店はおすすめです。
無添加でおいしいですよ。

皆さまのお近くで、
チラシを置かせて頂けそうなお店がありましたら
ぜひぜひ教えてくださいませ。
どうぞよろしくお願い致します。



ところで、昨日のブログの続きです。
果物は決してからだによくない。
かえって悪い。
というお話。

最近、ふと思い返してみたら、

私、子どもの頃、よく朝礼で倒れる子だったんですよ。
小学生のときは、その場で吐いたことも・・・
まわりの子、ごめん・・・。
先生もごめん・・・。
おんぶしてくれたっけなあ、先生。


中学生でも貧血起こしてた。
高校は朝礼がないから大丈夫だった。
大学も朝礼なし。

就職して1年目の夏。
研修で高校に行き、園芸作業をしたことがありました。

そこでクラクラ来て座り込んでしまい、
医務室に運ばれて、
最後は家まで送ってもらったのでした。
あ、近くだったので。

そう。
私が倒れたその高校は
大宮駅とのあいだにある、あの高校です。
うちにいらしている皆さんは、よくご存知のあそこです。
あの頃の先生方、お世話になりました・・・。

いやあ。
思い返したら、私ってすごい迷惑をかけてたんですね。
軟弱でした。心も体も。

で、いつからそういうことがなくなったんだっけ。
と考えたら、

びっくりです。
実家を出てからなんですよ。

ひとり暮らしが2年間。
途中からほぼ同棲状態。
その後、結婚。
子ども産まれる。

その間、全然倒れていません。
貧血、なし。
炎天下にいても平気。

なんで?
食事が変わったわけでもなし。
現代食だったよ。

思い当たることは、ひとつ。
果物のバカ食いがなくなったこと。
これです。

実家にいた頃は
毎日たくさん食べていた果物ですが
自分で食事を賄うようになってからは
ほとんど果物を買わなくなっていました。

すっごくないですか?

果物だけを除いても、こんなにからだが違うなんて。

自分でびっくりしました。
実家を出てからの方が体がいいなんて
普通はないですよね。

じゃあ、
お肉をやめたら・・・?
魚や卵もやめたらどう・・・?

乳製品も砂糖も
ぜーんぶやめちゃったら

体はどんなによくなるか

はいはいはい。

今のうちの家族がそうです。
10年は続けていますよ。

実にタフになりました。

風邪で寝込む人、ゼロ。
毎日、元気。
少々のことでは、へこたれない。

体だけではなく、心も強くなりましたね。
これも食事のおかげです。

くよくよ悩まない。
他人の目を気にしない。
いいことしか考えない。
済んだことを後悔しない。
明るい。
楽天的。

なんたって、
生きていることが楽しい!

自分のことが大好き!

こんな風に思えない人は
とにかく、まず食事を変えることです。

からだも
こころも
そして、人生も変わりますよ。

それも、良い方向へね。



昼に外でカレーを食べた日
夕飯にカレーを作る。

すごくない?

ストロベリーカレー

IMG_7437.jpg

いちご、入ってます。
ほんのりピンク色。
味もちょっといちご味。

変わってておもしろい。



明日は、夫の講演会です。

料理教室のときのように
テーブルに座ってお話を聞いていただきます。

「聞く」というテーマの話を聞くのですから
おもしろいですね。

私もとても楽しみです。

お待ちしておりま~す♪





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。