上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さま、こんにちは。
2泊3日の飛騨高山旅行から帰ってきました。

ほんっとに急に決めた旅行。
しかも、飛騨高山の予備知識がなーんもない。
という状態のところから
調べて旅館をとった次第です。(前日に予約)

それにしては、とても楽しく思い出深いいい旅行になりました。
最高の3日間でしたー!



まず1日目。
大宮から飛騨まで車で約5時間かかります。
途中でお昼ご飯の時間になってしまうので
前回の山梨旅行で熊肉を食べたお店に寄ることにしました。

そしたらなんと!
ないと思って諦めていた川魚のイクラ丼がありました。

IMG_7846.jpg

川魚といっても、鮭ではなくニジマスなどの卵のようです。

IMG_7851.jpg

イクラより小さくて、味はさっぱりめです。
う~ん、おいしい!
量もたくさんあって大満足です。
人造イクラとは大違い(あたりまえ)

こちらは、ニジマスの刺身定食。

IMG_7853.jpg

夫は焼いたニジマスが大好物でしたが
生の刺身もおいしいです。

IMG_7855.jpg

口に稲穂が刺さっていて、
普段ベジの私たちには何とも言えない光景。

でも、これから3日間は
動物性のものばかりです。
ここで洗礼を受けたと思って楽しみます。


さて、長野と岐阜を結ぶ道路は
有料道路でたった5分で通り抜けることができます。
が、そうでない道もあると知り、
くねくね山道をうだうだ進むことにしました。

そこで撮ったナビの写真です。

IMG_7859.jpg

腸管のようにくねくねしているのが分かると思います。
カーブに番号がついていて15号カーブまでありました。

こっちのがおもしろいと夫が楽しんで運転している傍らで
くねくね揺れながらも眠い私。いや、寝ませんでしたけど。
帰りは有料でラクな道を通ってもらいます。
地図では青い道です。こっちよ、やっぱり。

あいにくのお天気でしたので
奥飛騨クマ牧場に行きました。

ここはクマを食べるところではありません。
クマを見るところです。

IMG_7864.jpg

エサが欲しくておねだりしています。
クマのエサが売られていてあげている人もいましたが
ごめんね。私たちは持ってないのよ。
ないと分かるとすぐにあきらめるところが賢いわ。
池の鯉はいつまでもうろうろしているものね。

クマさんの学習発表会というショーもあります。

IMG_7873.jpg

輪投げを取って、自分の頭にかぶせる
なんてかわいいんでしょう。

IMG_7877.jpg

三輪車乗りもとても上手。

だけど、このクマさん。
お客さんのなかに赤ちゃんがいて泣いていたものだから
気になって気になって、芸に集中できず
何度も楽屋に戻ってはつかまって連れて来られていました。
失禁までしてしまうほど。

メスのクマだったせいもあるのでしょう。
赤ちゃんの泣き声は気になるのだということがよく分かった
学習発表会でした。


さて、その日に泊まる奥飛騨の宿に向かいます。
和風の温泉旅館です。

なーんと、この日の客は私たちだけ。
小さくもない旅館なのに、貸切り状態。

お風呂は男女で分かれていましたが
露天の女風呂を二人で使っていいと言われて
小雨のなか入りました。

IMG_7892.jpg

写真は一部です。もっと広いです。
池の鯉になったような気分になりました。

この旅行にも、モリコちゃんを連れて行きました。
でも出番はここだけ。ごめんね。

IMG_7886.jpg

お食事は、こんな囲炉裏のあるお座敷で頂きました。

IMG_7912.jpg

IMG_7918.jpg

前日に予約したのにもかかわらず、私たち二人のために、
何人の方がもてなしてくださったのだろうと考えると
とても贅沢な時間でした。

お料理はどれもおいしく、
熱いものはあつあつで頂くことができました。
お酒もおいしい。

IMG_7915.jpg

今回の旅行で食べたいとねらっていたものは
鮎の塩焼き、とらふぐ(養殖に成功したそうな)、
朴葉味噌、飛騨牛、こも豆腐、しょうけめし、
明宝ハム、みだらし団子、けいちゃん。

嬉しいことに、1日目でかなり食べられました。

鮎の塩焼き

IMG_7917.jpg

おいしい!
頭としっぽ以外は骨ごと食べられるなんて嬉しい。

飛騨牛の陶板焼き

IMG_7920.jpg

A5級というよく分からないけど、いいお肉だそう。

IMG_7926.jpg

焼けました。
うーん、おいしい。さすがはA5級(分かってないけど)

地酒もおいしい。

IMG_7922.jpg

とらふぐの唐揚げ

IMG_7927.jpg

奥の2つの茶色いのがそうです。
こちらも身がやわらかくおいしい。

飛騨は、山のなかで食べられる養殖のとらふぐに
成功したそうなのですが、聞いてみましたら
このふぐは山口産でした。
まあ、いいか。とらふぐだし、おいしかったし。

他にもいろいろと出てきて、お腹はいっぱい。
もちろん、お残しはしませんよ。

朝ごはんはこちら。

IMG_7941.jpg

朴葉みそがありました。
甘いのね、かなり。びっくりしました。

IMG_7938.jpg

食事はおいしいし、お風呂もいいし、
とてもくつろげた旅館でした。

2日目も天気は良くなくて
雨が降ったり止んだりしていました。

IMG_7942.jpg


今回の旅は白川郷に行きたくて計画しました、2日前に。

私は神社仏閣、城などには興味がないのですが、
なぜか昔の家とか暮らしには興味があります。
それも庶民のね。

白川郷はぜひ行ってみたいと思っていたので
これが旅のメインになります。

ところが。
宿から1時間半くらいで着くはずなのに
3時間もかかってやっとたどりつきました。

田舎の道を行くときは、ナビ様の言うとおりでないとダメなのね。
といっても、ナビ様の言うとおりにしたのですが、
なんと、途中から違う道を指示し、
ものすごく遠回りさせられそうになったので
ヤダヤダと当初の予定通り進んだら
道が通行止めだったのです。
ナビは、途中で通行止めになっているのに気づいたのでしょう。
おバカなナビ。いや、知能があるわけない。

おかげで飛騨の田舎を堪能致しました。
山だらけだということがよく分かりました。

はあ、白川郷はとても遠かった。
でも、価値のある場所でした。

心躍る写真(私が)を載せますね。

IMG_7946.jpg

IMG_7950.jpg

IMG_7958.jpg

IMG_7960.jpg

IMG_7964.jpg

IMG_7967.jpg

IMG_7979.jpg

IMG_7980.jpg

IMG_7983.jpg

IMG_7985.jpg

IMG_7986.jpg

IMG_7991.jpg

IMG_7994.jpg

IMG_7996.jpg

IMG_8007.jpg

IMG_8006.jpg

IMG_8011.jpg

IMG_8013.jpg

IMG_8015.jpg

すばらしい! さすが世界遺産。

あのだんごは、みだらしだんごです。
関東のみたらしだんごは甘いけど、
あちらのは、ただのしょう油味で甘味が全然ないので
今の私にはとてもおいしく感じられました。

あとは五平餅ね。
やっぱりお米のおやつっていいですね。

そして、驚いたのが雑穀を栽培していたこと。

高キビ

IMG_7966.jpg

もちあわ

IMG_7971.jpg

もちきび

IMG_7973.jpg

ひえ

IMG_7975.jpg

最高でした、白川郷。
行ってよかったと思います。

このあと宿へ向かいます。
長くなるので、続きはその2で。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。