上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋のサイドメニュークラスの2日目です。

今日は、お庭で咲いているお花を
お持ちいただきました。

IMGP0023.jpg

名前が分からないけれど、
かわいくて色が素敵。(紫が好きなんです)

どうもありがとうございます。


ウエルカムドリンクの
オリジナルブレンドハーブティーは

スイートペッパー警部

IMGP0018.jpg

ほんのり甘くてすっきりしています。



このクラスの食材はこちら。

IMGP0028.jpg

かなりの量のお野菜ときのこです。

なんといっても5品も作りますから!

IMGP0031.jpg


アボガドの切り方 実演ショー

IMGP0025.jpg

とても手慣れた手つきで切っている様子を
みんなで「ほぅ~、すごい!」と眺めました。

このあと、たくさん調理をして
そしてできあがった食卓の様子。

IMGP0032.jpg

皆さんのエネルギーと手間と愛の傑作品です。


このクラスから乾杯のお酒は
梅酒から香取にとって代わりました。

そのままで飲んでもよし、
りんごジュースで割ってもよし。
お好みで選んで頂きます。

IMGP0040.jpg

IMGP0042.jpg



Qちゃんのアジアンソテー

IMGP0037.jpg

きゅうりを使った炒めものです。
ちょっと時季がずれていますので、お早めに作ってくださいね。



コルシカンおいもパーティー

IMGP0003.jpg

じゃがいもを使った炒めもの。
くせのない味でいくらでも食べられます。



琥珀スープ

IMGP0005.jpg

琥珀色のスープ。
きのこの味と野菜の味がたくさんします。



ミッシェル・アボガド

IMGP0033.jpg

アボガドを使ったフレンチ風のおかず。

この一体感がたまらなくおいしいのです。
アボガドが苦手な私も
また食べたくなっちゃう味。



ウマニラ炒め

IMGP0035.jpg

ニラレバっぽい味の炒めもの。

使っている食材や作り方は
結構贅沢な一品です。

どんぶりで食べたいかも。



スイートパンプキン

IMGP0014.jpg

かぼちゃのスイーツです。

上にかかっているのは
メイチェルシロップ。


今日のメニュー全部を1度に食べられるのは
このクラスだけ。
我が家でもそんな贅沢な食卓はありません。

ご自宅で作られるときは
1品ずつ作ってくださいね。

ごはんがおいしく食べられるものばかりです。
食欲の秋をどうぞお楽しみくださいね。



宝麺クラスのご感想です。




一度クラスで頂いてからずっと楽しみにしていた宝麺、
お家で作れるようになるのを楽しみにしてました。

のこったスープにご飯を入れて食べるのも最高ですね!
お外じゃありえませんから。
しみじみ美味しくてまさに宝の麺だと思います‼︎

まいたけ混ぜごはんも
八角が効いていて美味しかったです。
レタスと一緒に食べる食べ方も斬新で
すごく面白いな〜と思いました。

思っていたより甘すぎないアマランゴ、
思い出したらまた食べたくなりました。



宝麺は、高菜の旨味と野菜の旨味が
コラボした美味しいラーメンでした。
トッピングのナスとネギも、スープに合っていて、美味しい!

そのときに使う素材の水分量で、
お料理が微妙に変化することを学び、
その微妙な変化を感じ取れる感覚を
ちえ~るを通じて、しっかりと身につけていきたいと思いました。

まいたけ混ぜごはんⅥ中華味も、
具だくさんのボリュームのあるごはんで、美味しかったです。

今回は、ラーメンと一緒に食べたため、
お腹いっぱいでたくさん食べられなかったので、
家ではまいたけ混ぜごはんを主役にして、
たくさん食べたいと思います!

スイーツは、和菓子のアマランゴ。
このアマランゴもボリュームのあるお団子で、大満足!

家にちょうどナスがあったので、
今日の夕飯は、宝麺を作って食べます!

ちえ~るのお料理は、
教室で満足するほど食べたのに、
また、直ぐに食べたくなる美味しいお料理ばかり。

そのお料理を学べて、ほんと幸せです!
ありがとうございました。


 “食欲を満たす”
この言葉にぴったりのラインナップでした。
ちょっぴり涼しくなり、濃い味を求める季節。

まずは「宝麺」
様々な食材を丁寧に下ごしらえするのですが、
切り整えられた野菜たちが美しく
思わず写真を撮ってしまいました。

意外にも高菜は下ごしらえに注意が必要らしく
この日一番の神経の使いどころのような気がしました。

続いて「まいたけ混ぜご飯Ⅵ中華風」
う~むタイトルが長い。
きっと新参者の私にはわからない歴史があるのかもしれない。

さて、この日の私は
高菜とじゃがいもをレシピどおり(のはず)切りました…

しかし、高菜はタテ・ヨコのサイズが逆、
じゃがいもは規格より大きめとご指摘

ここで二つのことに改めて気が付いたのです。

①野菜などのサイズには意味がある。
 材料は口に運ぶときにどんな状態になっているのか要確認!!

②その上でサイズ・分量をしっかり計る

二つとも当たり前のことだけど、
ここが家庭料理との違いなんですね。

さて、食しました。

宝麺はスープにコクがあり美味しい!!
トッピングのナスやネギも
これまた丁寧に下ごしらえされており「麺のおかず」的な存在

麺が終わっても野菜とスープがたっぷりある
後半戦は混ぜご飯とスープ&野菜を交互に口に運ぶ…完食

この時点でかなりの満腹感でしたが、
「もちょっと食べたいなぁ」と思い、おかわり。

今思ったのですが夏は塩を欲し、
秋から冬にかけては油を欲する

巷では塩も油も大量摂取はありえないですが
ちえーるなら塩も油もふんだんにOKなんですね。

デザートのアマランゴも品の良いお味でした。

ごちそうさまでしたm(__)m



どうもありがとうございます。

野菜のこと、塩と油のこと。
クラスではよくお話していることですが、
ご自分で気が付かれたなんてすばらしい!

この辺りをいい加減にせず
きちんとして頂くと、本当においしいものが作れます。



昨日のクラスの方からも
ご感想を頂きました。

今日も充実のメニューをありがとうございました。
一つずつ、ゆっくり、たっぷり作って楽しみますね。

今晩、早速「Qちゃんのアジアンソテー」を作りました。
きゅうりの季節を逃せないので、これは、速攻で作りました。

おかあさんも「面白いわね」といって箸を進めていました。
きゅうりの新しい食べ方ですね。
来年、また楽しみます。

ほかのメニューもそれぞれ特色があり、
おかずクラス5回分のボリュームでした。
ありがとうございます。

お料理教室の日の夕食はいつも少な目。
今日一緒に食べたお義母さんは
「全然食べないじゃないの」と心配してくれるので
今日はちえ~る教室がいかに満腹になるか、よく説明しました。

「おかあさん、お料理教室では、ご飯も出て、
クラスに来ている人はみんな沢山食べて、
先生も「おかわりがありますよ」と言ってくださって、
おかずもご飯もおかわり自由でいつも山ほど食べているんですよ~~」

「おかわりができるお料理教室って珍しいんですよ~~」

「たくさん食べているから、心配しないでくださいね~~」

といったら目を丸くしていました。




すぐに作って下さって嬉しいです。

面白がって食べてくれるお義母さんでよかったですね。
ぜひ他のメニューも、作って出してみてくださいね。

どうもありがとうございます。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。