上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日からおかずクラスが始まります。
今年最初の料理教室です。

とはいえ、2日からお泊り会でしたし、
1日にも実は仕事をしていました。

世間の常識では
元旦から仕事・・・?
それは大変ですねー。

となるところでしょうが、

いえいえ、違うんです。

今私がやっているのは
仕事なのか遊びなのか区別がつかないというか、
生活すべてが仕事に結びついているんです。

今、生きていることすべてが、仕事です。

「生きる」という谷川俊太郎さんの詩があります。
確か小学校6年生の国語の教科書に出ていました。
クラスや学年で群読したりするのです。

その詩を私なりに替えてみました。
よかったら読んでみてください。


****************************


生きる   
           

生きているということ

いま生きているということ

それはおいしいものを食べるということ

おいしいものを作るということ

新しいメニューを考えること

次のクラスの段取りを考えること

買い物をすること



わくわくして生徒さんをお待ちすること

「おいしい」という言葉を喜ぶこと

食を通して人とつながること

いのちということ


****************************


今年もつぶのいえにいらしてくださる方と

濃くつながりたいと思っています。


さーて、明日の準備のつづきをしますか。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。